ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

上野「天女丸」

昭和50年に大畑町正津川の「荷馬車」山車を借り、宵宮祭で賑わう大畑八幡宮に整列したのが始まりです。翌年、大湊の船山車「天女丸」を譲り受け、現在の船山車となっています。

屋台飾り

七面大明神または、七面大天女

見送り

しょうき様

見送り額

しょうき様

みどころ

船山車なので、通常の運行時には「櫓こぎ」のハオイ(かけ声)をかけますが、方向変換する際には「キワリ(キヤリやキリゴエともいう)」(ニシン漁で網が一番おもくなったときに掛るかけ声)を掛け、力を溜めて一気に船山車を曳くところ。

 

天女丸 天女丸

 

 

お問い合わせ先

大畑八幡宮社務所   0175-34-3636

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ