ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

住所地外での接種

やむを得ない事情がある場合は、住所地外でも接種できます。

 新型コロナワクチンは、原則、住民登録されている市町村において接種を行うこととされていますが、やむを得ない事情で住所地以外に長期間滞在している方などは、申請により希望する市区町村での接種も可能となっています。それぞれの状況に応じて次の手続きが必要になります。

住所はむつ市だが、現在遠方にいる方
  1. まずは、接種を希望する市区町村で「住所地外接種届」を申請
  2. ご希望の市区町村の接種会場を予約
  3. 「接種券(むつ市発行)」と「住所地外接種届出済証」を持参して接種
    ※ご家族がむつ市にいらっしゃる方はご家族から郵送で届けていただくか、そうでない方はむつ市役所予防医療・感染症対策課にご相談ください。
むつ市に住所はないが、むつ市内で接種を受けたい方
  1. むつ市役所で「住所地外接種届け」を申請
  2. むつ市の接種を予約
  3. ご自分の住所地から届いた「接種券」と「住所地外接種届出済証(むつ市発行)」、「本人確認ができる身分証明」を持参して接種
住所地外接種届けの申請は来庁、郵送、メールで

必要なもの

  • 住所地外接種届け
  • 住所地から送付された接種券(写し、スキャンデータ、撮影画像等)
申請先
  • 来庁  むつ市役所予防医療・感染症対策課
  • 郵送  〒035-8686 むつ市中央一丁目8番1号 むつ市役所予防医療・感染症対策課
  • メール yoboiryo@city.mutsu.lg.jp
住所地外接種届の様式

 こちらからダウンロードしてお使いください

 申請書(word)ワードファイル(18KB)
 申請書(pdf)PDFファイル(488KB)

やむを得ない事情があり、住所地外で接種することが可能である方とは

 以下のような方が該当します。

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留又は留置されている者、受刑者
  • その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者
この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

健康づくり推進部予防医療・感染症対策課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

内線:2583・2584

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ