市では、平成17年3月の合併に伴い、旧むつ市、旧川内町、旧大畑町、旧脇野沢村の4市町村で協議された合併協定書の協定項目に係る事務事業について調整を行い、旧市町村で異なっていた制度や事務などについて新市での取扱いを定め、合併により住民サービスの低下を招かないよう配慮し、一元化に取り組んできました。

 合併前にその制度、事務の取扱いについて調整することとしたものと、旧市町村間で格差が大きく、統一することによって急激な変化や影響があるものや、合併後の状況を見て調整を行った方が効果や効率がよいものなど、合併後に調整することとしているものがあり、現在までの調整状況をまとめましたので公表します。

 合併協定項目の調整状況一覧表(平成31年3月末現在)