「シャトルメール」って何?

※「シャトル」・・・「シャ」=「写」、「トル」=「撮る」、「シャトル」=「往復」

 「シャトルメール」は公共施設等の破損等に対する市民の皆様からの通報について、これまでの電話等での通報に加えて、携帯電話等で現場の写真を撮っていただき、その場から電子メールに添付してお知らせいただけるという制度です。

 市では、シャトルメールの写真から状況が即座に把握できるため、これまで以上に迅速に対処可能となりますので、ご利用をお願いします。

  •  公共施設等の破損の例・・・舗装道路に穴があいている、側溝の蓋が壊れている、街灯が切れている、ガラスや壁が破損している、トイレが詰まっている、ゴミが不法投棄されている、看板・フェンスが破損しているなど
 専用アドレスへお送りください

 「シャトルメール」は、平成25年12月16日に運用を開始し、防災・かまふせメールのメールモニター登録者へ先行して案内し、ご利用いただいていましたが、平成26年4月10日より「シャトルメール」を送っていただく専用のメールアドレスを公開し、利用の拡大を図っています。

 また、利用拡大の一つとして、4月10日より『風光明媚で自然豊かなむつ市の風景画像』の募集を行っています。風景画像の募集については「シャトルメールで風景画像を送ってみませんか?」をご覧ください。

シャトルメール専用アドレス(下図:QRコード)

     shuttlemail@city.mutsu.lg.jp  

 QR 150

送信時のお願い
  • 簡単な状況の説明と場所(施設等の名称や近くの建物との位置関係)についてメール本文へ記載ください。
  • 写真は破損等の状況を写したものに加え、建物など周囲の様子も写っているもの(場所特定用)をお願いします。
どんな時便利なの?

 市役所の担当課がわからない、休日や早朝・夜間など市役所の閉庁時などの場合はシャトルメールで写真とかんたんな説明文字(状況に関すること・場所に関すること)を専用アドレスに送信することで完了します。

シャトルメール送信後はどうなるの?

 送信者には、市広報広聴担当より、通報案件の対処結果等を送信されたアドレスへ電子メールで返信し、お知らせします。(2週間以内を目処にお知らせしますが、補修等の対処に日数を要する等の場合は、見通しをお知らせします。)

 受信したシャトルメールについては、送信者の個人情報等を除き、その概要に対処結果等を加えて、市ホームページでお知らせする予定ですので、ご了承ください。