平成26年度当初予算についてお知らせします

 

 平成26年度一般会計当初予算の総額は、前年度比で900万円、0.03%の増となる327億7,300万円となりました。

 歳入については、市税の徴収率を前年度比0.1ポイント増の92.8%とし、自主財源の確保に努めることとしたほか、電源立地地域対策交付金や地域の元気臨時交付金の有効活用等による財源確保を図っているものの、自主財源比率は23.5%にとどまり、依存として厳しい歳入環境にあります。

 歳出については、内部経費の圧縮等を進めつつ、キッズパーク整備事業、北の防人大湊地区整備事業、脇野沢不法投棄現場廃棄物対策事業など、主要施策事業の推進を図るとともに、消費税率の引き上げ、電気料金の値上げ、燃料費の高騰、さらには社会保障関係経費の増加等の社会的要因にも対処していますが、引き続き、歳出削減に取り組んでいく必要があります。

 このような状況を踏まえ、今後も財政健全化の取り組みを着実に実行しつつ、市民とのパートナーシップによる行政運営を推進し、「希望のまち・むつ市」の実現に向け、継続して次の3つの基本方針を政策の柱として、持続可能な財政運営の構築に努めてまいります。

基本方針

    • ネクスト50(次の50年)へのさらなる基盤づくりと飛躍 
    • 市民協働・参画の社会づくり
    • 持続可能な財政運営


 なお、平成26年度予算の詳細につきましては、以下のpdfファイルをご覧ください。

  

 

わかりやすい予算書が完成しました

 

 市民の皆様に市の予算をよりわかりやすくお伝えすることを目的として、ムチュランとムチュリーが教えるむつ市の予算を作成しました。

 

 

 5月上旬発行の市政だよりにも折り込みましたので、ぜひご覧ください。

 


 

「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 ADOBE READERをインストールしていない場合は、
 

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン