記者発表動画

質疑動画

発表事項

 今月の発表事項は7件であります。

1.財政中期見通し2019について

  1点目は、「財政中期見通し2019について」であります。
  この度、令和元年度から令和5年度までの財政中期見通し2019を発表させていただきます。

(スライド1)
財政の健全化は、当市積年の課題であり、市民生活に直結する課題でもありますことから、市では平成27年度から財政中期見通しにより、財政の「見える化」を図り、財政状況を市民の皆様と共有し、市民協働のもと財政健全化を推進していくため策定しています。

(スライド2)
今回のシミュレーションでは、今年度は辛うじて黒字となるものの、令和2年度から単年度の収支で毎年赤字となり、令和5年度には約4億7,000万円の累積赤字を抱えることになるという結果となっております。
このようなことから令和5年度までの累積赤字額以上の財源対策が必要となっております。

(スライド3)
これを回避するために5つの健全化目標を掲げ、着実に取り組みを進めてまいります。
これらを実行あるものとするため、財源対策の目標額を約11億円とし、各種対策に職員一丸となって取り組むこととしております。
なお、新たな取り組みとしまして、新交付金10億円を活用した事業などを進めてまいります。

(スライド4)
市民の皆様の、暮らしの向上に貢献できるよう、チャレンジしてまいります。
当市の将来像「笑顔かがやく 希望のまち むつ」実現のため、財政状況を公表した上で、将来に過度な負担の積み残しをしない財政運営とするため、市民の皆様の御協力と御理解を頂きながら財政健全化に努めてまいります。

2.市内高校への移動期日前投票所の開設について

 2点目は、「市内高校への移動期日前投票所の開設について」であります。
全国的にも各選挙の都度、投票率が低下し続けている状態であり、特に若年層の低投票率が問題となっており、各自治体においては、若年層を中心とした『政治・投票』への関心度を高める工夫が求められております。
当市においても、若年者の投票率が低迷している状態であり、投票率を引き上げていくためには何らかの取り組みが必要であると考え、選挙管理委員会に対応を依頼したところ、10月の「むつ市議会議員一般選挙」において、選挙権を有する高校3年生を対象に市内の高校3校で、自動車による「移動期日前投票所」を開設することになりました。移動期日前投票所の設置は、県内初、また、高校への移動期日前投票所の設置は、全国初の取り組みとなります。
運用の詳細については、この後、選挙管理委員会の畑中委員長より発表していただきます。
なお、記者会見終了後、本庁舎正面玄関前に、移動期日前投票所のモデルを展示しますので、御覧いただければと思います。 

3.むつ市制施行60周年記念式典について

 3点目は、「むつ市制施行60周年記念式典について」であります。
市では、来る9月1日の市制施行日に、下北文化会館において記念式典を開催することとしております。
式典当日は、10時より航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機の飛行や海上自衛隊の護衛艦による汽笛で空と海から祝福してもらう予定です。
式典では、大湊海上自衛隊の演奏に始まり、これまで市政発展にご尽力いただきました皆様方の表彰やむつ市のこれまで歩んできた道のりを記念映像として上映するなど、来場していただいた市民のみなさまに楽しんでいただける内容となっております。
式典後は、金谷公園において、ソメイヨシノの記念植樹や、下北文化会館中庭において大湊駅と会津若松駅によります姉妹駅協定締結式を行います。
また、8月31日から式典当日の2日間にかけてThanksgiving60(ロクマル)が開催されておりますので、ご家族やご友人をお誘いの上、ご来場いただければと思います。 

 4.ジオフェス下北2019について

 4点目は、「ジオフェス下北2019について」であります。
9月9日に認定3周年を迎える下北ジオパークでは、「ジオフェス下北2019」を9月29日、午前10時からプラザホテルむつにおきまして開催いたします。
このイベントは、基調講演に山陰海岸ジオパークに勤務され活躍されている今井ひろこ様をお招きし「ジオパークで地域を元気に」のテーマで御講演いただくほか、「下北ジオパークが生んだもの」と題して、加盟認定からの3年間の活動記録や各種団体による活動をパネル展示するほか、認定商品取扱店による出店などがありますので、たくさんのご来場をお待ちしております。

5.クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」初寄港について

 5点目は、クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」の初寄港についてであります。
9月25日、日本最大規模のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が初めて大湊港に寄港することになります。
巨大なクルーズ船、飛鳥Ⅱは岸壁に接岸できないため陸奥湾内に停泊し、乗船されているお客様は、夢の平成号などを利用して大湊港の船溜(ふなだまり)岸壁に上陸となりますので、今回のおもてなしブースは、むつ漁協様の港がある「船溜(ふなだまり)岸壁」となります。たくさんの市民の皆様に飛鳥Ⅱの入港を歓迎いただければと考えております。
また、飛鳥Ⅱのお客様向けオプショナルツアーでは、下北の美しい景観と素晴らしい食材を、特別な空間で提供する「下北ジオダイニングin尻屋崎」を開催することになりました。
今回のジオダイニングでは、東京・新橋で人気のフランス料理店「ラ・トゥール・ダルジャン」の元エグゼクティブシェフである、ドミニク・コルビさんと、地元のシェフとの共同作業で作られた、下北の食材を用いたスペシャルレシピを提供いたします。
こういったイベントを開催して下北のブランド力を高め、さらなるポートセールスにつなげたいと考えております。

6.令和元年度 AIR In Mutsu Kawauchiについて

 6点目は、「AIR In Mutsu Kawauchiについて」であります。
山形市の東北芸術工科大学から大学院生3名を川内地区へ招聘し、9月2日から20日まで、川内庁舎を活動拠点として、作品制作活動を行います。
市民交流活動として、9月5日に川内小学校において5年生と6年生を対象にアートスクールを行うほか、9月7日には川内庁舎において学生と地域住民との交流親睦会を開催、9月15日には同じく川内庁舎において満60歳似顔絵プレゼントを行います。
報道関係者の皆様方には是非とも作品制作現場を含め、積極的に取材していただければと思います。
なお、絵画の完成は、来年1月末を予定しており、お披露目につきましては、再度ご案内いたします。
市民の皆様方には、ぜひこの機会に、むつ・川内の美しい自然を題材とした作品の制作過程の様子を楽しんでいただくと共に、アーティストの視点を通して地域の魅力を再発見していただければと思っております。 

7.むつ市特殊詐欺等被害防止機器設置補助事業について 

 7点目は、「むつ市特殊詐欺等被害防止機器設置補助事業について」であります。
市内では、市役所職員を名乗り、還付金があると称してATMコーナーに誘導しようとする不審電話が多発しており、実被害も確認されています。
今年7月には、むつ警察署管内で、トラブル解決名目で4,870万円の特殊詐欺被害があったとの報道もありました。
市では9月から、不審電話への警戒意識の醸成と詐欺被害の防止対策として、番号表示や会話録音機能付き電話機等の購入費用の一部を補助する事業を開始することといたしました。
対象は市内に居住する65歳以上の方がいる世帯で、5,000円を上限として購入費用の2分の1を補助することとしております。
市内の家電量販店では、対象となる機器をムッシュ・ムチュラン1世のポップでお知らせしておりますので、ご参考にしていただければと思います。 

 

   私からの発表は以上となります 。

 


「PDFファイル」をご覧になる場合、アドビ社の提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerインストールしていない場合は、下記リンク先からダウンロードしてください。

 アドビリーダーダウンロードアイコン