記者発表動画

令和2年4月定例記者会見 記者発表動画はこちらからご覧ください。(外部サイト) 

発表事項

今月の発表は 4件 です。

新型コロナウイルス感染症対策について

4月1日に開催した対策本部会議において確認された事項は次のとおりです。
 

  • むつ総合病院敷地内に発熱外来施設を4月中に設置し、運用開始は、県内で感染経路不明の感染者発生を目処に検討する。
  • 4月3日に、下北医療センターにおいて、「新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」を開催する。

  (参加予定 むつ下北医師会、むつ保健所、市対策本部)

  • 介護福祉施設、障がい福祉施設に対し、感染予防対策について書面によるヒアリングを行うとともに、情報提供を行う。
  • 保育園、幼稚園を対象とした、情報交換会を4月中に実施する。
  • 小中学校に対し、給食配膳時の児童・生徒用マスクとして、備蓄マスクから、1週間分として1,000枚を配付する。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、公共料金や市税等の納付が困難な方に対する相談受付を、4月1日より各担当課において開始する。
    連絡先は、市ホームページの特設ページに掲載した。
  • むつ市役所新採用職員について、全職員を4月10日まで在宅勤務とし、4月13日に辞令交付式を行う。
  • 東京都、仙台市から異動となる実務研修生5名については、4月14日まで在宅勤務とする。
  • 広報むつ号外を発行し、紙媒体でも関連情報を市民の皆様へお伝えする。
  • 令和2年度むつ市消防団定期観閲式は、中止となる。

 

一般社団法人しもきたTABIあしすとのDMO法人登録について

「一般社団法人しもきたTABIあしすと」は、3月31日付けで、県内4番目の日本版DMO法人として登録されました。
しもきたTABIあしすとでは、平成30年3月のDMO候補法人登録以来、「下北ジオ・ガストロノミー・ツーリズム~海と大地が育む景観美・人間美・美食の半島~」をコンセプトにDMO法人登録を目指し、鋭意取り組みを進めて参りました。
先月10日には、この取組が、内閣府知的財産戦略推進事務局が主催する「クールジャパン・マッチングアワード2019」で特別賞を受賞するなど、先進的な取組として評価を受けております。
結果として、目標としておりました令和2年度より前倒しで登録できましたことは誠に嬉しい限りです。
DMO法人登録により、今後は関係省庁からの観光地域づくりに関する豊富な支援を受けられることとなりますので、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役としての活動に、より一層ご期待をいただきたいと存じます。

 

むつ市津波防災地域づくり推進計画の策定について

この度、むつ市津波防災地域づくり推進計画を策定いたしました。
本計画の策定は、全国的に事例が少なく、むつ市での策定は東北初となります。
具体的には、避難困難地域における緊急的な避難場所となる「津波避難タワー」の新設、海路輸送の拠点となる漁港施設の耐震化に関する県への要請、情報伝達手段の整備の検討などを記載しております。
こうした新機軸を打ち出し、国、県、各関係機関と連携し、ハード・ソフト施策を柔軟に組み合わせ、本計画のスローガンである 『~「多重防御」で「犠牲者ゼロ」のまち むつ~』の実現を目指してまいりたいと考えております。

 

斗南藩150年記念事業について

令和2年度は、斗南藩が円通寺に藩庁を置いてから150年の節目を迎えますことから、斗南藩150年記念事業と銘うち、斗南會津会の皆様方の御協力のもと各種の記念事業を展開することとしております。
本事業を通じて、むつ市民の皆様方には、斗南と会津の歴史を感じていただくとともに、先人達の誇りを次世代へ受け繋いでいく契機としてまいりたいと考えておりますので、ご期待をいただきたいと思います。 

 

今月の発表は以上となります。 

 


「PDFファイル」をご覧になる場合、アドビ社の提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerインストールしていない場合は、下記リンク先からダウンロードしてください。

 アドビリーダーダウンロードアイコン