農業者年金制度~農業経営と老後の生活をがっちりサポート!~

 農業者のみなさん、老後生活への備えは十分ですか。こうした不安を解消するため、農業者年金制度があります。
 農業者年金制度は、少子高齢化に即応した農業者の公的年金です。また、農業者が積み立てした原資とその運用益により、生涯に渡り年金が受けられる「確定拠出型積立方式」であり、認定農業者は、条件によっては、唯一、国から保険料 補助を受けられます。
 こうした優位性のある農業者年金制度について、みなさんにも加入していただきたく、加入要件等についてお知らせいたします。

 加入要件

  • 20歳以上60歳未満の方     
  • 国民年金第1号被保険者で保険料納付免除者でない方
  • 年間60日以上農業に従事している方

以上の要件を満たせばどなたでも加入できます。

保険料

 月額2万円を基本とし、最高6万7千円まで、千円単位で設定することができます。(農業者年金へ加入される方は、国民年金の付加年金(月額400円)への加入も必要となります)

終身年金で80歳までの保証付き 

 年金は生涯支給されます。仮に加入者・受給者が80歳前になくなった場合でも、死亡した翌月から80歳までに受け取れるはずであった額が、死亡一時金として遺族に支給されます。

租税上の優遇措置

 支払った保険料は、全額が社会保険料控除の対象となり、所得税・住民税の節税につながります。

保険料の国庫補助

 認定農業者で青色申告をしているなど、農業の担い手となる方には、国から月額最高1万円の保険料補助があります。(政策支援加入)

窓口 

農業者年金の加入についてのご相談は、農業委員会、またはお近くの農業協同組合にて受け付けております。 

政策支援加入の条件等、その他制度の詳しい内容は農業者年金のホームページをご覧下さい。