むつ市産品を使ったお料理のレシピをご紹介します♪
ぜひお試しください。

まず最初は、言わずと知れたむつ市の特産品、貝の王様「陸奥湾ほたて」です!

ほたて料理のコツ♪

  1. 縦に切る
     縦に切ると歯ごたえがでて、刺身、酢の物に最適です。
  2. 横に切る
     円形になり、焼き物、煮物、揚げ物などを盛りつける時にきれいです。
  3. 火の通し方
     火を通しすぎると硬くなるので、ミディアムレアくらいがちょうどいいです。
     お造りも、さっと熱湯にくぐらせ冷水にとり、水気を拭き取るとよいです。
  4. 干し貝柱
     貝柱1個につき、60mlくらいの水を入れ、半日~1日くらい時間をかけてゆっくり戻します。戻し汁はいい出汁が出ているので、必ず利用すること。

 ほたて料理のレシピ【パート1】

(1)ほたてのお造り
  1. ヒモは塩でもみ洗いをし、ぬめりを取ります。
  2. 熱湯に貝柱を10秒ほどいれ霜降りにし、直ちに冷水にとり、ザルにあけておきます。
    ヒモも同じく熱湯に入れ、冷水にとり、ざるにあけておきます。
    (貝柱を先に茹で、ヒモを後から茹でるのは、ヒモの汚れが貝柱につかないようにするためです。)
  3. 貝柱の水気を拭き取り、縦に3~4枚に切る。そうすると歯ごたえが出てよい。
    ヒモは半分くらいに切ります。
     ほたてのお造り
     
(2)ほたて丼
  1. 炊きたてのご飯を、ちぎった海苔で覆い、横に2~3枚に切った円形の貝柱を、海苔が見えなくなるくらいに並べます。
  2. 中央にわさびやイクラなどをのせて完成!!
    上から豪快に醤油をかけていただきます。
    醤油の味がきついと感じる場合は、市販の昆布つゆをお試しください。

    活ほたて


こちら↓のファイルをプリントアウトしてお使いください。
レシピパート1【ほたて料理のコツ、ほたてのお造り、ほたて丼】.pdf [120KB pdfファイル]
 

次回はほたて料理パート2、「ほたてのかき揚げ」「ほたてのフライ」をご紹介します。
お楽しみに!!
(※更新は月2回程度を目標としますが、基本的には不定期です。)