むつ市産品を使ったお料理のレシピをご紹介します♪
ぜひお試しください。

第5弾は、「ほたて団子の餡かけ」と「ほたてしんじょ」です!!

 ほたて料理のレシピ【パート5】

ほたて団子の餡かけ

◇材料◇
 (1)ほたて貝柱・・・約20個(ほたてだけだと高くつくので、解凍したイカを混ぜるのもいいかもしれません)材料
 (2)たまねぎ・・・・1/4~半個
 (3)青じそ・・・・・5枚
 (4)三つ葉・・・・・お好みで
 (5)卵白・・・・・・1個分だと生地がゆるくなるので、腰を切ってから、少しずつ加えます
 (6)昆布とカツオのダシ
 (7)塩  (8)醤油  (9)片栗粉  (10)揚げ油

  1. 貝柱、タマネギ、青じそ、卵白の半分、塩少々をロボクープに入れて、きめ細かく攪拌(かくはん)します。ロボクープ
    貝柱だけだと高くつくので、解凍したイカの水分をよく拭き取って混ぜるのもいいでしょう。
    ※くれぐれも、卵白を一度に全部入れないでください!!
  2. 昆布とカツオでダシを取っておき、醤油を少したらしてほたて団子のゆで汁にします。      
  3. 両手を水で濡らし、団子の表面がなめらかになるように形を整え、沸騰したゆで汁にやさしく入れて、ゆっくりと中まで火が通るように茹でます。 
    このとき、強火で茹でるとすが立つので、コトコトと泡立つ程度に茹でてください。
  4. 次に、餡かけの銀餡を作ります。
    2で作っただし汁にもう少し醤油を加え味をつけ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。     
  5. 茹であがったほたて団子を器に盛りつけ、三つ葉をのせて熱々の餡をかければ完成です♪

完成品

ほたてしんじょ

◇材料は、上記「ほたて団子の餡かけ」と一緒です!◇

  1. 上記「ほたて団子の餡かけ」レシピの1で作った生地を、丸いスプーン2本ですくい取り、片栗粉の上に静かに置き、表面に片栗粉をまぶします。両手で優しく成形するときれいに仕上がります。
  2. 170℃まで油を熱します。生地が繊細で、においが吸着してしまうので、必ず新しい油を使ってください。
  3. 170℃に熱した油に静かに生地を入れ、弱火にして中まで火を通します。
  4. 写真1のように、きつね色に焦げ目がつくまで揚げます。

写真1

((盛りつける前に、熱々を味見するのが最高ですよね・・・♡))

☆盛りつけ例です☆

盛りつけ例
レモンは是非欲しいところです。パプリカ、スナップエンドウ、アイスプラント、ニンジン、ホワイトアスパラなどをエゴマオイルで和えて、バルサミコ酢をかけて食べると最高ですよ☆彡

      
こちら↓のファイルをプリントアウトしてお使いください。
レシピパート5【ほたて団子の餡かけ、ほたてしんじょ】.pdf [5477KB pdfファイル] 

次回はほたて料理パート6、「ほたてのヒモの佃煮をご紹介します。
お楽しみに!!
(※更新は月2回程度を目標としますが、基本的には不定期です。)