20141119業務推進協定2 市は、平成26年11月19日に(株)みちのく銀行と地域経済の基幹をなす農林畜水産業の持続的発展に向けた業務推進協定を締結いたしました。

 今回の協定は、農林畜水産業の持続的発展に向け、これまで以上に「産・学・官・金」の連携が求められている中、アグリビジネス拡大の観点から、市とみちのく銀行が連携を強化し、農林畜水産業を中心に商流を構成する食関連産業の連携支援と新たな付加価値の創造を目指していくものであります。

 当市自慢の地域資源である農林畜水産物を、クラウドファンディングを活用した商品開発や販路開拓、六次産業化への支援等、お互いの情報や強みを組み合わせ、より質の高い農林畜水産業支援を展開することにより、雇用の創出や所得の増大を図り、農林畜水産業を成長産業へと仕上げていく一つの足掛かりとなるよう推進していきます。

20141119業務連携協定2
髙田邦洋頭取(右)と宮下市長(左)

協定内容

  • 生産から加工、販売にいたる六次産業化に関すること
  • 農林畜水産業経営の複合化に関すること
  • 農林畜水産業の法人化に関すること
  • クラウドファンディングを活用した農林畜水産物の販路拡大に関すること
  • その他必要と認める事項
クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネットなどを使い、不特定多数の個人から一口数万円程度の資金を集め、企業・事業者等のまとまった事業資金を確保する手法。