坂本謙二先生(県立田名部高校)のむつ市のうまいレシピ

材料(2人分)
  • ぼたん鍋イノシシのロース肉 1袋
  • 白菜 縦に4分の1
  • ゴボウ 細い部分半分
  • ネギ 1本
  • キノコ(シメジ、マイタケ、シイタケ等)
  • ニンジン 半分
  • 春菊 1束
  • 豆腐または焼き豆腐 1丁
  • 肉に付随してくる味噌ダレ
  • 日本酒、鷹の爪(お好みで)

 

野菜の下ごしらえ

  1. 白菜は緑の葉の部分と白い茎の部分に分けて適当な大きさに切り分ける。
  2. ゴボウは、ササガキにして水に放しておく。水がゴボウのアクで茶褐色になるので途中、1回だけ水を替える。
  3. ニンジンは火が通りやすいように斜めの薄切りにしておく。
  4. シメジやマイタケは石づきを取り除き、小房に分けておく。シイタケは石づきをとり、大きければ半分に切っておく。小さい場合はそのままでよい。
  5. 春菊は、硬い茎を切り取り、柔らかい葉の部分を摘み取る。
  6. ネギは斜め切りにする。
  7. 火の通りにくいものから煮始めるので、すぐ柔らかくなりやすい春菊やネギ、白菜の葉の部分が下になるように、大きな皿に彩りよく盛り付ける。

肉の下ごしらえ

  1. そのまますぐ煮ることができるが、脂身が多いときは、少し取り除いた方が良い。
  2. この肉を、ちょうどボタンの花が咲いているように、1枚ずつ丁寧に並べていく。
  3. 小さい肉を花芯にして、内側から外側に向かって巻きつけるように並べていく。

煮汁をあたためる

  1. 鍋に、肉に付いている味噌ダレをいれ、水と酒でうすめ、火の通りにくいゴボウ、ニンジン、白菜の白い部分を入れ、火にかける。
  2. 煮立ってきたら、1枚ずつ肉を広げながらいれる。
  3. 豆腐、ネギ、キノコ、春菊も入れ、軽く沸騰し続けるように火を調節し、食べる時に、トウガラシなどを振ってもよい。