令和2年5月22日時点の申請受付件数は、5件です。
※令和2年度は7件分の予算で予定しています。

補助要件

  1. 市内にある住宅(兼用住宅を含む※)または住宅に附属する車庫や物置等へ新たに設置すること。
    ※延べ面積の2分の1以上を居住の用に供していること。
  2. 未使用品であること。
  3. 低電圧線と逆潮流有りで連携するもの。
  4. 太陽電池モジュールの公称最大出力が2キロワット以上10キロワット未満であること。
    ※このほかにも、居住や電力会社との電力受給契約などの要件があります。

補助対象経費

 太陽電池モジュール、架台、接続箱、直流側開閉器、系統連携用インバータ、保護装置、交流側開閉器、余剰電力販売用電力量計等の太陽光発電システムの設置に要する経費

補助金額

 5万円以内

申請受付期間

 令和2年4月24日金曜日から令和3年1月29日金曜日まで(郵送等の場合は1月29日午後5時までに必着のこと。)

  1. 申請の受付は先着順とし、補助金の申請総額が予算枠を超えた時点で終了となります。
  2. 令和2年度は7件分の予算で予定しています。

申請方法

 各種申請書類は、以下よりダウンロードするか、市エネルギー戦略課・川内・大畑・脇野沢庁舎管理課より取得し必要事項を記入のうえ、市エネルギー戦略課へご提出ください。

 補助金の交付決定を受ける前に工事に着手すると、交付を受けられませんので、ご注意ください。

 実績報告の提出が規定の期間までなされない場合は、交付取消になりますので、ご注意ください。

申請前にご覧ください
要綱・各種様式