農業委員会の概要

農業委員会とは

 農業委員会は、「農業委員会等に関する法律」に基づき、市町村に設置される合議体の行政委員会です。

農業委員会等に関する法律の改正

 農業委員会等に関する法律が改正され、平成28年4月1日より施行されています。
 むつ市では、平成29年7月15日から新制度に移行しています。

主な改正点
  • 「農地等の利用の最適化の推進」が農業委員会の最も重要な業務として位置付けられました。
  • 農業委員に加え、新たに農地利用最適化推進委員が設置されることになりました。
  • 農業委員の選出方法が、公選制から市長が議会の同意を得て任命する任命制へと変わりました。

農業委員会の主な業務

  • 農地等の権利移動(農地法第3条)や農地転用(農地法第4条、農地法第5条)に関わる業務。
  • 和解の仲介に関する業務。
  • 農地の利用状況調査(遊休農地対策)に関する業務。
  • 農業経営基盤強化促進法に基づく農用地利用集積計画に関する業務。
  • 農地等の利用関係についてのあっせん及び紛争の防止に関する業務。
  • 農地に関する証明書の交付及び農地基本台帳の整備。
  • 農地の相続税等納税猶予制度に係る事務。
  • 農業者年金に関する事務。 
  • 農業に関する情報提供。 

 

 農地法に関わる許認可については、毎月1回開かれる農業委員会総会で審議されます。

    平成31年度農業委員会総会開催日程表 [51KB pdfファイル] 

農業委員会の構成

定数
  1. 農業委員:19名
  2. 農地利用最適化推進委員:10名
名簿
  1. 農業委員名簿 [72KB pdfファイル] 
  2. 農地利用最適化推進委員名簿 [65KB pdfファイル]