釜臥山展望台からのむつ市内の夜景が、華麗なアゲハチョウのようにくっきりと浮かび上がります。
 本州最北端の国定公園「下北半島」をロマンチックに彩る見事な夜景で、東北地方随一の夜景と賞されます。
 日中であれば展望台からさらに10数分ほど遊歩道を登れば、頂上(879m)からの絶景もお楽しみ頂けます。
 釜臥山展望台は、5月(ただし、雪の状況により開設日が遅れる場合があります)から11月3日まで、時間は午前8時30分から午後9時半まで利用できます。
 遊歩道は、8時30分から午後4時30分まで。
 ただし、暴風等気象条件により、閉鎖する場合もありますので、ご確認ください。

釜臥山展望台

  • 開館日:5月中(雪の状況等により開設日を設定しています。)
  • 閉館日:11月3日
  • 利用時間:午前8時30分から午後9時30分まで

ルートなど

釜臥山展望台へのルートはこちらをご確認下さい。釜臥山展望台へのルート.pdf [284KB pdfファイル] 

  

市街地から25分程で恐山街道から左折するポイントに到着します。

(画像左の画像の看板を越えて左折すると画像右の看板が現れます。)

そこから“恐山展望台”と”むつ湾展望台”を越えて進むと、自衛隊専用道路とぶつかりますので、左折して進むと釜臥山展望台へ到着します。(市街地から約40分)

(1)釜臥山展望台

展望台には双眼鏡やベンチがあり、360度夜景を楽しむことができます。市街地や陸奥湾を中心に眺めることができ、その容姿はアゲハ蝶が夜空に羽ばたくように見えるため「夜のアゲハチョウ」と称されています。

(2)むつ湾展望台(駐車場展望台)

釜臥山展望台へ向かう途中の「かまふせパノラマライン」にある展望台です。夜景の中心は、むつ市街と陸奥湾になります。

 

(3)恐山展望台(駐車場展望台)

釜臥山展望台へ向かう途中の「かまふせパノラマライン」にある展望台です。緑の森に囲まれた宇曽利山湖を見下ろすことができます。

 

 

交通機関 

釜臥山展望台までの交通機関をお探しの方は「駅から観タクン」をご利用ください。

  • ご利用期間:平成28年5月1日(日曜日)から平成28年10月31日(月曜日)

※他のコースは3月31日(金曜日)まで

  • ご利用開始時間:午前9時から午後2時

 

詳細は下記をご覧ください。

駅から観タクンホームページ