薬研温泉郷(大畑地区) 

   下北半島国定公園内にあるこの温泉郷は、津軽海峡に注ぐ大畑川の上流約10kmの渓谷沿いにある静かな温泉の薬研温泉と、さらに約2km上流の奥薬研温泉の2つの温泉からなっています。

 周囲はヒバやブナなどの深い森におおわれ、新緑や紅葉の季節の移り変わりを鮮やかに彩ります。

 薬研の名は、温泉の湧き出る口の形が漢方薬をすりつぶす器具、『薬研』に似ていることに由来すると言われています。また、奥薬研温泉には「かっぱ伝説」が残っております。

 宿泊施設は薬研温泉だけで、奥薬研温泉には、奥薬研修景公園内の男女別露天風呂「夫婦かっぱの湯」(午前8時30分から午後6時まで。ただし季節によって変動あり/200円/1月から3月毎火曜定休日)と食堂があります。

 

  薬研温泉 奥薬研温泉
泉質 無色透明な弱アルカリ性の単純泉
効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・関節のこわばり・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復ほか
言い伝え 元和元年(1615)、大阪夏の陣に敗れた豊臣方に味方した落武者、城大内蔵太郎という武将によって発見されたと伝えられる 恐山を開いた慈覚大師が薬研への途中、崖から落ちてケガで苦しんでいたとき、”かっぱ”が現れ、大師を背負って湯に運び、朝に目覚めたら傷が治っていたという言い伝えがあります

 

恐山温泉(むつ地区)

恐山境内に湧く温泉。神経痛、胃腸病、切り傷、眼病とそれぞれ異なった効能があり、恐山入山者は誰でも利用できます。

(1)薬師の湯 眼病に効能(男性専用)

(2)冷抜の湯(冷えの湯) 神経痛、リウマチ(男性専用)

(3)古滝の湯 胃腸病(女性専用)

(4)花染の湯 吹き出物、切り傷(混浴)・・・肌に良いと評判

濃々園(川内地区)

   湯野川渓谷沿いに古くからある、静かな温泉郷です。内特産のヒバと白い漆喰造りの大浴場と露店の岩風呂で入る湯は、じっくり身体にしみ入る感じであり、館内には湯野川温泉が一躍脚光を浴びた映画「飢餓海峡」の写真等も展示されています。

   泉質:アルカリ性単純無色透明

   効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど

 

 ※これら以外にも市内には温泉がたくさんあります。

    ぐるりんしもきたホームページ

   問い合わせ先
  • 経済部商工観光課 電話:0175-22-1111(内線2646から2648)
  • 大畑庁舎産業建設課 電話:0175-34-2111
  • 川内庁舎産業建設課 電話:0175-42-2111