台風情報台風や豪雨は、襲来時期や規模をある程度予測することができます。日頃から天気予報を気にかけ、最新の情報を収集するようにしましょう。風水害は「夏だけに起きるもの」と思っている人もいますが、季節外れの台風や集中豪雨による被害にも注意が必要です。
 

台風の大きさ

呼び方 風速15m/s以上の半径(km)
台風  500未満
大型の台風  500以上800未満
超大型の台風  800以上

台風の強さ

呼び方 最大風速(m/s)
台風 17以上33未満
強い台風 33以上44未満
非常に強い台風 44以上54未満
猛烈な台風 54以上

風の強さと影響

平均風速(m/s) 予報用語 影     響
10以上15未満 やや強い風 風に向かって歩きにくい。電線が鳴り、取り付け不完全な看板やトタン板が飛ぶ。
15以上20未満 強い風 風に向かって歩けない。木の小枝が折れ、車の運転中、横風でハンドルが取られる。
20以上25未満 非常に強い風
(暴風)
物につかまってしっかりと立っていないと転倒する。飛来物でガラスが割れる。
25以上30未満 立っていられない。車の運転を続けることは危険。ブロック塀が倒壊する。
30以上 猛烈な風  樹木が根こそぎ倒れ始める。屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる。 

雨量と影響

1時間の雨量(mm) 予報用語 影     響
10以上20未満 やや強い雨 ザーザーと降る。屋内でも雨音で声がよく聞き取れない。長く降り続くと危険。
20以上30未満 強い雨 どしゃ降り。小さな川や側溝があふれたり、小規模ながけ崩れが始まる。
30以上50未満 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る。道路が川のようになり、がけ崩れが起こりやすい。
50以上80未満 非常に激しい雨 滝のように降る。マンホールから水が噴出したり、地下に雨水が流れ込む。
80以上 猛烈な雨 息苦しい圧迫感と恐怖を感じる降り方。大規模な災害が発生する恐れが強い。

多様化する災害

  • 都市型水害集中豪雨による災害
    近年は、台風による災害ばかりでなく、集中豪雨による予測がつきにくい局地的な災害が増えています。
  • 川がなくても起こる都市型水害
    地面がアスファルト等で覆われている部分が多いと、雨水が集中して溜り、下水が逆流するなど、川がなくても水害が生じる場合があります。
  • 宅地の広がりが招く災害
    丘陵の造成地など宅地の広がりに伴い、地滑りなどの土砂災害が増えています。また、新築移転する場合、地元の情報が少ないため、災害の危険に気づきにくいことがあります。
  • アウトドア・ブームが招く災害
    キャンプなどのアウトドアでのレジャーは、天候が悪化したときに思わぬ災害に巻き込まれる危険があります。 

洪水のときの避難方法

  • 年寄り避難歩ける深さ
    歩ける深さは、男性で約70cm、女性で約50cm。水が腰まであるようなら無理せず高所で救援を待つ。
  • 履物
    はだし、長靴は禁物。はき慣れた運動靴がよい。
  • 足元に注意
    冠水した場所を歩く時は、長い棒を杖代わりにして水面下の安全を確認しながら歩く。
  • ロープにつながって
    はぐれないようにお互いの身体をロープで結んで避難する。特に子供からは目を離さない。
  • 子供やお年寄りを安全に
    お年寄りや身体の不自由な人などは背負う。幼児は浮き輪、乳児はベビーバス(風呂桶)などを利用して安全を確保する。 

自動車で避難するときの注意点

  • 水害情報に注意し、冠水の深い地域を避けて通行する。
  • スピードを落とし、冠水して見えない障害物に注意する。
  • 道路上での立ち往生を避ける。(マフラーから水が入ると電気系統がショートして動かなくなる。やむを得ず車を放棄する時には、路肩に停める。)
  • 駐車中に浸水してしまった場合は、エンジンをかけない。(整備会社などに連絡する。)

風水害に備えて

生活編
  • 非常持出品家族会議を開く
    家の周囲の危険箇所、避難場所や避難ルート、万一の際の家族間の連絡方法や集合場所など、日頃から話し合い、定期的に確認しておきましょう。
  • 非常持出品を用意しておく
    自宅からの避難やライフラインの断絶に備え、当面の生活を支える非常用品(飲料水、非常食、懐中電灯、携帯ラジオ、救急用品、毛布、衣類など)をリュックなどに入れ、用意しておきましょう。
  • 情報を集める
    台風や豪雨などは、襲来時期や規模をある程度予測することができます。テレビやラジオ、インターネットなどで、気象庁から発表される「注意報」や「警報」、「気象情報」などをチェックしておきましょう。また、市役所や消防署から避難勧告や指示があった場合は、速やかに避難しましょう。
家屋編

家屋にも浸水や強風への備えが必要です。日頃から周囲を点検し、風水害に備えましょう。

チェックポイント   


 

  • ガス屋根にトタンのはがれ、めくれはないか。 
  • 外壁にモルタルの壁に亀裂はないか。板壁に腐りや浮きはないか。プロパンガスのボンベはしっかり固定されているか。
  • 雨どいに落ち葉や土砂が詰まっていないか。継ぎ目のはずれや塗装のはがれ、腐りはないか。雨戸にガタツキやゆるみはないか。
  • 窓ガラスにひび割れ、窓枠のガタツキはないか。(台風の進路にあたると予想される場合は、強風による飛来物などに備えて、外側から板でふさぐなどの措置を。)
  • ブロック塀にひび割れや破損箇所はないか。
  • 側溝・排水路はゴミや泥で流れにくくなっていないか。
 参考資料

 ・気象警報・注意報
  (気象庁)

 ・台風情報
  (気象庁)

 ・河川情報 ※リンク先ページの「雨量」若しくは「水位」をクリックしてご覧ください。
 (青森県防災消防課 ※調査・観測情報)

 ・集中豪雨への備え-集中豪雨による災害から身を守るために- [2320KB pdfファイル] 
 (気象庁作成リーフレット、PDF形式)  


 「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 ADOBE READERをインストールしていない場合は、
 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン