ご家庭などの一般加入電話による通報

受話器を上げ、局番なしで「119」をダイヤルします。通報をすると、以下の例のように消防指令室員が必要なことを順にたずねますので、それに応じる形で、落ち着いてはっきり正確に答えましょう。

火災の通報例

消防指令室員 通報者
(1)119番です。火事ですか、救急ですか。 火事です。

(2)場所はどこですか。

  ※住所がわからない場合は…

   近くの目標物は何ですか?

○○市○○町○丁目○番○号○○という家です。

例:目標物は○○で、その隣です。

(3)何が燃えていますか。 ○○が燃えています。
(4)怪我人や逃げ遅れ者はいますか?

怪我人や逃げ遅れ者はいません。

※怪我人や逃げ遅れ者がいる場合は、人数を伝える。

(5)あなたは今、安全な場所にいますか? はい、安全な場所にいます。

(6)初期消火はしましたか?

  火はどうなりましたか?

初期消火しました。(していません。)

火は消えました。(消えていません。)
(7)あなたの名前と今かけている電話の番号を教えてください。 私の名前は○○○○です。
電話番号は○○―○○○○です。


 

救急の場合

消防指令室員 通報者
(1)119番です。火事ですか、救急ですか。 救急です。

(2)場所はどこですか。

    ※住所がわからない場合は…

       近くの目標物は何ですか?

○○市○○町○丁目○番○号○○という家です。

例:目標物は○○で、その隣です。

(3)どうしましたか。 ○○(誰が)○○○○(どうした)です。
(4)あなたの名前と今かけている電話の番号を教えてください。 私の名前は○○○○です。

電話番号は○○―○○○○です。

 

  • 救急車が到着するまでの間に、一時的な応急処置を消防司令室員が指示する場合があります。
  • 通報内容や通報される方の状況によって、消防指令室員の問いかけが異なる場合があります。
  • 場所を伝える際、目標を問いかける場合があります。

※下北管内での119番通報は、全て下北消防本部通信指令センターに接続されます。

 実際に火災が発生した時や、家族が病気やケガをした時は、気が動転し、落ち着いて通報ができなくなることがあります。しかし、あわてて一方的に話すと、正確に伝わらないだけではなく、時間もかかります。自分だけで話そうとせず、落ち着いて聞かれたことに正確に答えていくのが良い方法です。
 ただし、あなたが通報している場所にまで危険がおよぶ恐れがある場合は(煙や火が拡大するなどの危険、熱気が迫っている場合)すぐに避難しましょう。

 落ち着いた正確な通報ができるよう、119番通報メモを用意しておきましょう。

119番通報メモ
住所、建物名称   
目標※   
氏名  
電話番号  

※目標とは目印となる大きな建物、公共の建物など多くの人が出入りする建物や、知名度の高い建物をいいます。

「119番通報メモ」ダウンロード [39KB pdfファイル] 

携帯電話による通報

 携帯電話からの通報の場合、通報者自身の現在地が分からないことが多く、時間がかかりがちです。通報の前に住所表示や付近の目標などを確認しておきましょう。

  • 局番なしで「119」をダイヤルし、携帯電話からの通報であることを伝えます。
  • 携帯電話からの通報では、管轄外の消防につながる場合がありますが、住所や目標などをもとに消防指令室員が管轄の消防へ電話を転送しますので、消防指令室員の指示に従いましょう。
  • 転送時には時間がかかったり無音や、音声案内が流れる場合がありますが、電話を切らずに待ちます。

※下北半島内での携帯電話からの「119通報」は、基本的にはむつ市小川町にあります消防本部に接続されます。(一部海岸線は北海道・青森の消防本部に接続される可能性があります。)

※転送できない場合は、かけ直しや、管轄の消防からの電話受信を依頼される場合があります。

  • 管轄外の消防につながった場合を考え、都道府県・市町村名からの住所を伝えるようにしましょう。
  • 通報している携帯電話の電話番号を、伝えられるようにしておきましょう。
  • 通報後しばらくの間は電話の電源を切らず、現場近くの安全な場所にいてください。

※さらに詳しい場所や状況などを確認するために、消防指令室員から電話をかけ直すことがあります。

  • 携帯電話は電波の状況によって通話が途切れ、会話が困難になる恐れがあります。なるべくご家庭などの一般加入電話や公衆電話で通報しましょう。
  •  運転中の通話は禁止されています。安全な場所に駐車してから通報しましょう。

※PHSの場合は、一般加入電話と同様に下北消防本部通信指令センターに接続されます。(携帯電話に比べ、使用可能エリアが限定されます)

公衆電話による通報

 公衆電話からの119番通報は無料です。硬貨やテレフォンカードなしでも119番通報をすることができます。通報の手順は以下のとおりです。

  1. 受話器を上げる
  2. 「緊急通報ボタン」がある場合は、ボタンを押す
  3. 「119」をダイヤルする
  • ピンク電話で「緊急通報ボタン」がついていない場合、119番通報ができるよう、管理をしている方に鍵で切り替えをしてもらう必要があります。

※切り替えをせずに硬貨を入れて119番通報をしても、消防指令室員には通報者の声が聞こえません。
また、一部の公衆電話では、消防指令室員が「一度電話を切りお待ちください。こちらから呼び出します。」と伝える場合があります。指示にしたがい呼び鈴が鳴ったら受話器をお取りください。

  • 電話ボックスの場合、付近の目標物等を詳しく説明しましょう。その他の公衆電話の場合も管理している方にたずねるなどして、なるべく正確な情報を伝えるようにしましょう。また、公衆電話からの通報であることもあわせて伝えましょう。

「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
 ADOBE READERをインストールしていない場合は、
 

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン

問い合わせ先
  • 下北消防本部通信指令課 電話:0175-33-1063
  • むつ消防署 電話:0175-22-1680
  • 川内消防分署 電話:0175-42-3216
  • 脇野沢消防分署 電話:0175-44-2020
  • 大畑消防署 電話:0175-34-2233
  • 大湊消防署 電話:0175-24-2091