「むつ市避難所運営マニュアル」について

 むつ市地域防災計画では、避難所の開設、運営は、市の職員によって行われることが定められていますが、休日や夜間に大規模な災害が発生した場合には、市の職員や施設管理者の出勤が困難となることも考えられ、計画どおりに避難所が開設できないことが予想されます。

 実際に、東日本大震災や熊本地震などの被災地域では、自治体職員も被災したため、必要な人員を早急に避難所へ派遣することや、自治体職員による避難所運営が困難になりました。
 しかしながら、ライフラインが途絶した状況のもと、避難者だけで慣れない避難所生活を送り、円滑な避難所運営を行うことは、非常に困難であると考えられます。

 そこで、市では、避難所に避難してきた地域住民の皆さんが、自主的かつ円滑に避難所を運営できることを目的として、本マニュアルを作成いたしました。

 大規模災害発生時に必要となる避難所運営組織の例や役割、発生が予想される課題、その対応方法や各種様式をまとめてあります。
 地域住民の皆さんや施設管理者が、地域や施設の特性を加味することにより、本マニュアルはさらに充実し実行性があるものになります。
 

むつ市避難所運営マニュアル.pdf [962KB pdfファイル] 

むつ市避難所運営マニュアル「様式・参考資料」.docx [103KB docxファイル]