緊急事態発生時において、外国人の皆様に対しても情報を迅速かつ確実に伝達できるようにするため、外国語で災害情報を提供するアプリ「Safety tips」を活用して、弾道ミサイル発射等の国民保護情報を、多言語で配信できるようになったことについて、消防庁から発表がありましたのでお知らせします。

なお、ご利用にあたっては、以下のURLからダウンロードし、インストールしていただく必要があります。

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rcsc.safetyTips.android

・iPhone :https://itunes.apple.com/jp/app/safety-tips/id858357174?mt=8

「Safety tips」とは

自然災害の多い日本において訪日外国人旅行者が安心して旅行できるよう、平成26年10月から提供を開始した、観光庁監修の外国人旅行者向け災害時情報提供アプリです。対応言語は、5言語(英語・中国語(簡体字/繁体字)韓国語・日本語)で、国内における緊急地震速報及び津波警報、気象特別警報、噴火速報をプッシュ型で通知できるほか、周囲の状況に照らした避難行動を示した対応フローチャートや周りの人から情報を得るためのコミュニケーションカード、災害時に必要な情報を収集できるリンク集等を提供しています。

Jアラートにより配信する国民保護情報の多言語配信の開始(外部サイト:消防庁報道発表 平成30年3月20日)

災害時情報提供アプリ「Safety tips」に弾道ミサイル発射等の国民保護情報機能を追加(外部サイト:観光庁報道発表 平成30年3月20日)