避難情報のうちの1つである「避難準備・高齢者等避難開始」をご存知ですか?
 ここでは、避難準備・高齢者等避難開始とは何か、発令されたときのとるべき行動などをご説明します。

避難準備・高齢者等避難開始とは

 避難準備・高齢者等避難開始とは、平成28年台風第10号による水害の教訓を踏まえ、特に要配慮者などの避難に時間を要する方にいち早く避難行動を開始してもらうために発令される、避難勧告や避難指示(緊急)といった避難情報のうちの1つです。
 災害による被害が予想され、避難勧告や避難指示(緊急)の発令が予想される前段階として、避難準備・高齢者等避難開始が発令されます。

対象者

 要配慮者(高齢者、障がい者、乳幼児、妊産婦、疾患を持った方、外国人等)やその支援者などの、避難行動に時間を要する方

 その他、身の危険を感じる方

避難しなくても良いのか

 避難情報には法的拘束力はありませんので、避難を強制するものではありません。
 しかしながら、避難準備・高齢者等避難開始は、避難勧告や避難指示(緊急)と同様に、災害が発生する可能性があるため発令されるものです。避難勧告や避難指示(緊急)が発令されてからの避難では間に合わないおそれがあるので、避難行動に時間を要する要配慮者やその支援者、その他、自らの身に危険を感じる方は、早めの避難を開始しましょう。

 詳細については、青森県危機管理局発行のポスター[366KB pdfファイル] をご覧ください。

 「避難準備情報」及び「避難指示」の名称が変更されました