【フラット35】

【フラット35】(地域活性化型)とは

【フラット35】とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

なかでも地域活性化型では、地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などとセットで【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

本制度は、空き家対策に係る施策を実施している市町村と住宅金融支援機構が相互協力に関する協定を提携し、対象となる方の【フラット35】借入金利を当初5年間、年0.25%引き下げるものです。

【フラット35】(地域活性化型)

利用方法

対象となるための条件

○むつ市空き家・空き地バンクに登録された空き家(空き家を除却して住宅を新築するものを含む。)又は空き地(住宅を新築するものに限る。)を取得すること。

○むつ市空き家等利活用推進事業費補助金の交付決定を受けること。

※むつ市空き家・空き地バンク及び補助金の詳細については、こちらをご覧ください。

 

手続きの方法

申請される場合は、下記書類をそろえ都市計画課まで提出してください。

地域活性化型利用申請書(第2号書式) [223KB pdfファイル] 

要件等確認チェックシート(第2号書式付表) [177KB pdfファイル] 

 

《申し込みの流れ》

1. むつ市空き家・空き地利活用推進事業費補助金の申請書をむつ市都市計画課に提出する。

2. 補助金の交付決定後、本制度の利用申請書及びチェックシートをむつ市都市計画課に提出する。

3. 市から本制度の利用対象証明書を2部(金融機関提出用・申請者用)受け取る。

4. 【フラット35】取り扱い金融機関に利用対象証明書を添付し融資申し込みを行う。