西日本を中心に広い範囲で猛威を振るった平成30年7月豪雨では、防災気象情報や避難情報が出されましたが、実際に避難行動をとらなかったことにより、多くの犠牲者が出ました。このため「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、住民が防災情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルで表し、とるべき行動が明確化されました。これを踏まえ、従来の避難情報に「警戒レベル」を加えて発令することとなりました。
 警戒レベル1・2は気象庁から発令され、災害への心構えと避難行動の確認をしていただきます。警戒レベル3・4・5は市が発令し、「3」は高齢者等の避難、「4」は全員避難、「5」は既に災害が発生している状況を通知します。
 詳しい内容は、チラシ又は内閣府ホームページ「防災情報のページ」内の「避難勧告に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)」でも紹介しております。
 また、警報や注意報が発令されましたら、テレビ・ラジオ・インターネット等の情報に注意しましょう!

 

避難勧告の発令文(例)

・こちらは、むつ市役所です。
・ただいま、○○川の水位が氾濫のおそれのある水位に到達したため、○○時○○分、○○地区に○○川に関する「警戒レベル4(よん)、避難勧告」を発令しました。
・○○地区の方は、ただちに指定避難所へ避難を開始してください。外が危険な場合は、屋内の高いところへ避難してください。

 

※警戒レベルが導入される災害種別は、洪水・内水氾濫・土砂災害・高潮となっており、津波については、危険な地域からの一刻も早い避難が必要となることから、基本的に避難指示(緊急)のみ発令することとなり、対象外となっております。

 

内閣府ホームページ「避難勧告に関するガイドラインの改定」(外部リンク)

警報レベルに関するチラシ(内閣府) [4452KB pdfファイル]