令和元年6月23日(日)、むつ消防署の指導のもと、昭和町A町内会自主防災会による防災訓練が実施されました。

 本訓練は、災害が発生した際、素早い避難行動や防災資機材を使用して自主的な救護活動を確実に行えるよう、自主防災会の防災力の向上を目的として実施されています。

 今回の訓練では、当市の自主防災組織訓練では初となる簡易水防設置訓練や自主防災組織訓練備蓄品等給付事業を活用し給付された備蓄品を使った資機材取り扱い訓練等を実施しました。

 

 訓練の様子

避難訓練

 避難訓練

避難訓練

簡易水防設置訓練

避難訓練

簡易水防設置訓練

簡易水防設置訓練

 

資機材取り扱い訓練

 資機材取り扱い訓練

 三角巾を使った応急手当訓練

三角巾を使った応急手当訓練

三角巾を使った応急手当訓練

 

自主防災組織訓練備蓄品等給付事業

 市では平成30年度より自主防災組織における積極的かつ効果的な訓練の実施を促すことを目的に、訓練時に使用する備蓄品等について1組織10,000円を限度とし、給付する事業を実施しております。

 今回の昭和町A町内会自主防災会では、この事業を活用し、投光器型センサーライト、LED折り畳み式ランタンを給付しております。

 詳細はこちらをご覧ください。

自主防災組織訓練備蓄品等給付事業について

 

防災訓練で使用できる資機材

訓練用消火器(15)、消火用バケツ(10)、組立式水槽、担架(2)、救助工具類[バール、ハンマー、油圧ジャッキ、スコップ、オノ](2)、折畳式リヤカー(2)、ハンドマイク(2)。 ※( )内は数量

消火器  バケツ  水槽  担架  救助工具  リヤカー  ハンドマイク  

 当資機材は、初期消火や救出・救護活動の技術向上を目的とした防災訓練で使用できますので、当資機材を使用した訓練を実施したい自主防災組織や町内会がありましたら、防災安全課までお問い合わせください。