ジェネリック医薬品とは?

医師から処方されるお薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。

医薬品の開発には長い時間と多くの費用がかかることから、新薬は一定期間、特許に守られ販売されます。この特許が切れた後に、新薬と同じ成分を使って製造されるものがジェネリック医薬品です。

効き目や安全性は?

新薬と同じ成分を使って製造されるため、同等の効能が確認されています。また、品質再評価を済ませているので、安全性も十分な医薬品になっています。

どんな種類があるの?

高血圧や脂質異常症、糖尿病のお薬など、さまざまな症状に対応したものがあります。

どれくらい安くなるの?

 新薬の特許が切れてから製造・販売されるため、開発経費も少なくなります。お薬によっては3割以上、中には5割以上安くなるものもあります。

医療費の負担を減らすために一度、医師や薬剤師にご相談してみてください!

後発医薬品に切り替えた場合の差額をお知らせします

現在服用されているお薬を後発医薬品「ジェネリック医薬品」に切り替えた場合、どの程度お薬代を軽減できるかの参考としていただくために、差額のお知らせを送付します。

お知らせの時期は1月と9月の年2回で、35歳以上の方が対象です。

通知されるお薬は、特定の慢性疾患で後発医薬品「ジェネリック医薬品」が存在するものに限りますので服用中のすべてのお薬が表示されるものではありません。

参考