施設サービス(介護保険サービス) 

※要支援1,2の方は利用できません。

(1)介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

 老人福祉法に規定する特別養護老人ホームで、入所した要介護者に対して、施設サービス計画に基づき、1.入浴・排せつ・食事等の日常生活の世話、2.機能訓練、3.健康管理、4.療養上の世話を行うことを目的とした施設です。
入所対象者は、身体上・精神上著しい障害があるため常時介護を必要とし、在宅介護が困難な要介護者です。
 ※原則として要介護3以上の方が対象となりますが、やむを得ない事由による特例入所が認められた場合は、要介護1・2の方も利用できます。

(2)介護老人保健施設

 入所した要介護者に対し、施設サービス計画に基づき、1.看護、2.医学的管理下での介護、3.機能訓練等の必要な医療、4.日常生活上の世話を行う施設です。入所対象者は、病状が安定期にあり、上記のサービスを必要とする要介護者です。 

(3)介護療養型医療施設(療養病床等)

 療養病床等の介護保険適用部分に入院した要介護者に対し、施設サービス計画に基づき、1.療養上の管理、2.看護、3.医学的管理下での介護、4.機能訓練等の必要な医療を行う施設です。
入院の対象者は、病状が安定期にある長期療養患者であって、上記のサービスを必要とする要介護者です。

※上記(1)から(3)でのサービスは、施設要件・加算等により費用は異なります。また、食費・居住費の負担と日常生活費などの負担があります。

施設サービス(介護保険以外)

 養護老人ホーム

 身体上、精神上、環境上の問題があり、かつ、経済的に困窮している65歳以上の方で、自宅において生活することが困難な方が入所できる施設です。

入所者負担金

本人の年間収入額により決定(月額)します。

扶養義務者負担金

・配偶者や子で、扶養関係により1人が扶養義務者となります。
・市民税及び所得税により負担額が決定します。

 

軽費老人ホーム(ケアハウス)

  60歳以上(夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上)の方が対象で、その入所者の生活相談に応じたり、入浴、食事の提供や緊急時の対応を行います。
入所者が介護を必要とする状態となった場合は、介護保険等のサービスを利用することができます。

 

サービス付高齢者向け住宅

 バリアフリー構造等を有し、安否確認サービス、生活相談サービスなど介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供します。ご利用にあたっては各施設にご相談ください。

 

有料老人ホーム

 

  入浴、食事の介護など、日常生活上必要なサービスを受けることができます。