むつ市では子どもを産み育てたいと願いつつ、不妊に悩み治療を受けている方々に対し、不妊治療費の一部を助成しています。

平成30年度から実施していた特定不妊治療費に加え、令和2年4月からは、一般不妊治療費の助成が始まります。

一般不妊治療について

助成の対象となる治療

人工授精(保険適用外)

助成対象者

民法上の婚姻関係にある夫婦で、次の1~5すべてに該当する方

  1. 夫婦または夫婦の一方が治療開始時及び申請時にむつ市に住所を有し、居住の実態があること
  2. 治療開始時の妻の年齢が43歳以下であること
  3. 夫と妻の前年の所得(1月から5月までの申請については、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
  4. 夫婦ともに市税等を滞納していないこと
  5. 他の市町村から、同一の治療について助成金を受け取っていないこと。

助成額

1回の助成対象治療につき本人負担額と15,000円を比較しいずれか低い額(同一年度内に2回まで助成)

申請方法

申請場所

 子どもみらい部子育て支援課

申請期限

 治療を受けた日の属する年度内

申請時に必要なもの
  • 印鑑
  • 振込口座の通帳の写し
  • 市税等の滞納がないことを証明する書類(むつ市以外に住所がある場合)

特定不妊治療費について

助成の対象となる治療

  1. 体外受精
  2. 顕微授精
  3. 凍結胚移植

助成対象者

法律上の婚姻関係にある夫婦で、次の1~3すべてに該当する方

  1. 青森県特定不妊治療費補助金の交付決定を受けていること(ただし、平成31年4月1日以降に交付決定を受けた方)
  2. 夫婦または夫婦の一方がむつ市に住所を有し、居住の実態があること
  3. 夫婦ともに市税等を滞納していないこと

※ 助成の対象となる治療について、むつ市以外の地方公共団体(青森県を除く)から助成金やその他の給付を受けている場合は、助成を受けることができません。

助成額

1回の治療につき、治療に要した費用から「青森県特定不妊治療費助成事業」により受けた助成額を引いた額(上限5万円)

申請方法

申請場所

 子どもみらい部子育て支援課

申請期限

 青森県特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けた日の属する月の翌月の初日から30日以内に申請してください。

(例)交付決定通知書の右上に記載された日が5月10日であれば、6月30日が申請期限になります。

申請時に必要なもの

その他

 むつ市一般不妊治療費助成金交付事業チラシ [390KB pdfファイル] 

 青森県特定不妊治療費助成事業のご案内(青森県庁ホームページ)   

   むつ市特定不妊治療費助成金交付事業チラシ.pdf [265KB pdfファイル]