水源池公園内及び桜木町第2桜台団地付近にある「旧大湊水源地水道施設」について、重要文化財として安心安全な公開と活用を図るため、平成26年度、27年度の2ヶ年にわたり、調査工事及び有識者で構成する修理専門委員会を開催しました。調査工事の結果をもとに、修理方法と計画をたて、平成28年度から保存修理工事に着手しています。修理工事は平成35年度までの8年計画で行う予定です。

 施設周辺においては、工事車両の通行など、ご迷惑とご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いします。

平成28年度・29年度の事業

 水源池公園内にある「乙水槽」から着手しています。八角形の上屋の内部にある水槽は内径2.5メートル、深さが3.9メートル、円筒形の煉瓦造です。

 平成29年2月28日現在、水槽内の土砂を取り除く作業が終了し、今後は水槽内の調査を実施し修理が必要か判断することになります。また、上屋については、屋根や外壁、窓などの破損や腐朽が目立つため、解体、破損材の取替や補修をし、軸組を補強しながら組み直し(復原)します。

 「乙水槽」の修理工事は、平成30年3月までに終了する予定です。 

状況

着手前

  

 上屋                 水槽

着手後(作業状況等)

     

    

 

水源池公園地図(北の防人大湊マップ)

 

 A:第一引入口  B:沈澄池堰堤  C:乙水槽(28・29年度)

 D:大近川取水所(29・30年度予定) E:甲水槽

 ※(1)北洋館 (2)みどりのさきもり館 (3)安渡館 (4)海望館 (5)弐番館