平成28年3月13日(日)、脇野沢赤十字奉仕団(山﨑輝美子委員長)の皆さんが、ボランティア清掃を行いました。
 国道338号線沿いを中心に、およそ3キロメートルの区間でしたが、雪が積もっていた時には目立たなかったゴミが、雪解けとともに現れ、集め終わったゴミは2時間程でトラック一杯にもなりました!
 清掃活動の最中にはぽかぽか陽気に誘われた北限のサルが顔をのぞかせ、なごやかな雰囲気の清掃活動となり、山﨑委員長からは「高齢の団員も多いが来年度以降も頑張って続けていきたい」と話していました。

道路のあちこちにゴミが落ちていました。

 清掃活動の様子集合写真