むつ市認知症SOSネットワーク(おかえりネット)に登録しませんか?

 むつ市認知症SOSネットワーク(おかえりネット)とは、認知症により行方不明となる可能性がある方などが身体的特徴や写真などを事前登録していただくことで、関係機関や見守り協力事業者の方と連携して、日常的な見守りや、もし、行方不明になった場合には、少しでも早く発見し、安全にご家族のもとに戻れるように支援するためのネットワークです。

※事前登録された方には、個人を識別できる番号が書かれた携帯カードと反射材シールの「見守りグッズ」と小型電子タグの「Me-MAMORIO(ミマモリオ)」を希望者のみにお渡しします。見守りグッズを携帯した高齢者等の方が事故や行方不明等の緊急である旨の通報を受けた場合、市では登録者の緊急連絡先に速やかに連絡します。

事前登録できる方

●おおむね65歳以上で、認知症の症状がある方

●徘徊により行方不明になる可能性のある方

 事前登録の方法

むつ市地域包括支援センターに以下のものを提出及び持参してください。

●申請書(おかえりネット登録申請書、おかえりネット登録票)

●登録者の特徴が分かる写真2枚(正面、全身)

●ミマモリオを登録する家族等スマートフォン(タブレット)※ミマモリオ配布希望者のみ

(スマホ等の端末機器のない方は市のタブレットに登録も可能です)

もし行方不明になったら?

 行方不明者の登録情報が市から見守り協力事業者や市内の地域包括支援センターへFAXされます。情報を受けた協力事業者等は、ミマモリオの電波を受信する専用アプリを起動したり、通常の業務や生活の中で行方不明者を気にかけたりして協力します。

※見守り協力事業者には、具体的な捜索活動を依頼するものではなく、可能な範囲での協力、情報提供をお願いしています。 

おかえりネット チラシ
おかえりネット 申請書
Me-MAMORIO(ミマモリオ)について

 市では平成30年度より、高齢者が安心して暮らせるまちを目指して、Me-MAMORIOという電子タグを使用した見守り体制の整備に取り組んでおります。

  • ミマモリオは、Bluetoothを使用する縦37mm×厚さ5.8mmのボタン型タグでご家族等のスマートホン、タブレットなどとペアリング(同期設定)して使用します。
  • ミマモリオを携帯した方が、ペアリングしたご家族のスマホなどから離れると、離れたことをお知らせする通知が届きます。
  • ミマモリオを携帯した方が、専用アプリ(MAMORIOアプリ)をインストールした市民の方等のスマホに30m以内に近づくと、近づいた場所の位置情報が家族のスマホに配信されます。

 詳細はこちらから⇒ミマモリオご利用案内のチラシ [996KB pdfファイル] 

 ※ミマモリオは、おかえりネットに事前登録された方に、無償貸与しております。

市民の方へのお願い

  • 市民の方のスマホに、無料の専用アプリ(MAMORIOアプリ)をインストールすることで、アンテナ役となり、ミマモリオを持った方が30m以内に近づくと、家族のスマホなどに位置情報が配信されます。(※スマホを持つ方の個人情報は特定されません)
  • 専用アプリ(MAMORIOアプリ)をインストールすることで無意識のうちに、見守りの輪を広げることができます。是非、皆様も、MAMORIOアプリのインストールをお願いします。インストール方法は下記のチラシをご覧ください。
  • なお、おかえりネット登録者でミマモリオを持った方の行方不明情報は、かまふせ・防災メールを通じて配信されますので、かまふせ・防災メールの登録もあわせてお願いいたします。

 詳細はこちらから⇒協力していただける市民の方へ チラシ [1191KB pdfファイル]