むつ市認知症サポート事業所 第28号認定 むつ市シルバー人材センター 様

 平成31年3月14日、むつ市認知症サポート事業所第28号に認定された、公益社団法人むつ市シルバー人材センターの今村侃理事長に、宮下市長から認定証の交付、みちのく銀行むつ支店の高屋支店長から同センターの西村久美子副理事長にステッカーが贈呈されました。宮下市長から「現在、むつ市は3割の方が65歳以上で、2040年には4割を超えるといわれており、なかでも認知症の方々を地域全体で見守ることが必要と考えております。認知症の方への正しい理解があって初めて、認知症の方々の尊厳や人権が守られると思っております。そうした中でシルバー人材センターの皆様が認知症サポート事業所に認定いただいたことは大変心強く思っております。現在28事業所、10団体が認知症サポート事業所・団体としてオレンジリングの輪でつながっており、私たちもやさしさでつながる街を目指して、この輪をさらに広げていきたいと思います。」

 みちのく銀行むつ支店の高屋支店長からは「みちのく銀行も地域が少しでも暮らしやすくなるために何か協力できないかということで、むつ市と一緒にこの事業を実施させていただいております。特にシルバー人材センター様におかれましては、日頃からたくさんの高齢者の方と接点があるということですので、私どもとしても非常に心強く思っております。本日の第28号の認知症サポート事業所認定、誠におめでとうございます。」とメッセージをいただきました。

 むつ市シルバー人材センターの今村理事長からは、「全体的に当センターは61歳以上の会員で構成されており、高齢の方もたくさんおります。そのなかで、色々な仕事を会員にお願いすることが、認知症予防にもなると思っております。私も自宅近くで認知症の方を見かけた際に、どのように接したらよいか分からなかった経験がありますので、私たちも認知症に対する認識をさらに深め、そして、地域社会に認知症についてどのように訴えていくかということも考えていこうと思います。」と心強いご挨拶をいただきました。

   

 認定事業所の取り組み

公益社団法人むつ市シルバー人材センターの取り組み [402KB pdfファイル]