風しんは、発熱、発しんを主な症状とし、飛沫感染によって人から人に感染する病気です。
妊娠早期の女性が感染すると、生まれてくる子どもの目、耳、心臓に障害がある先天性風しん症候群になる可能性があるため、注意が必要です。

 公的な予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、風しんの抗体保有率が低く、近年の風しんの流行はこの年代が中心となっています。
そのため、国では、風しん抗体検査と予防接種を実施し、風しんの発生及びまん延を防止することとしました。

 この事業は、令和4年3月31日までの3年間限定です。
対象の方には、無料クーポン券をお送りしますので、この機会に風しん抗体検査を受けましょう。

対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性 

クーポン券発行時期

 事業開始当初に検査希望者が集中したり、ワクチンの流通量に不足が生じて混乱しないよう、クーポン券を発行する時期が決められています。

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

 令和元年度中にクーポン券を発行します。 → 6月3日に発送しました。

 ※6月3日に発送した「風しんにおける抗体検査および予防接種のご案内」に同封の「お知らせ」の内容に誤りがありました。お詫び申し上げますとともに、次のとおり訂正します。クーポン券を利用できる市内医療機関はこちらからご確認ください。

      電話番号 村中内科・心療内科医院 23-0120

           むつ総合病院      22-2111 

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性

 令和2年度以降にクーポン券を発行する予定です。

 ※令和元年度中に抗体検査を希望する方には、クーポン券を発行することができますので予防・医療課へお問い合わせください。 

抗体検査及び予防接種の費用

 クーポン券を利用すると無料となります。 

抗体検査及び予防接種の受け方

 クーポン券に同封の案内通知をご覧になり、医療機関や健診機関(市内で実施する集団健診会場)で、受診してください。

むつ市内の実施医療機関

 クーポン券を利用できる市内医療機関 [36KB pdfファイル] 

全国の実施医療機関

 風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(厚生労働省ホームページ)

令和元年度 集団健診日程

 2019年度版 健康づくりカレンダー(むつ市ホームページ)

麻しん風しん予防接種を受けるに当たっての説明書

 麻しん風しん予防接種を受けるに当たっての説明書 [112KB pdfファイル] 

クーポン券を利用する際の注意事項

 クーポン券を利用する際、抗体検査や予防接種を受ける時点で、住民登録している住所とクーポン券記載の市町村名が同じでなければ利用することができません。

むつ市から転出された方

 転出先の市町村から、改めてクーポン券を発行してもらってください。

むつ市へ転入された方

 むつ市のクーポン券を発行しますので、予防・医療課へ御連絡ください。