市では、公益財団法人日本骨髄バンク(以下「骨髄バンク」という。)が行なう骨髄・末梢血幹細胞(以下「骨髄等」という。)の移植の推進及び骨髄等の提供を希望する方の増加を図るため、骨髄等の提供等を行なった方(以下「ドナー等」という。)とドナー等が勤務する法人に対して助成金を交付します。

助成の対象となる方

ドナー等

 次の1から3までのすべてに該当する方を対象とします。

  1. 次のアまたはイに該当する方

 ア 平成31年4月1日以降に骨髄バンクを介して骨髄等の提供を行なった方で、骨髄等の提供が完了した日にむつ市に住所を有する方

 イ 骨髄バンクを介して骨髄等の提供に係る最終同意を行なった後に、提供者の自己都合以外の理由により平成31年4月1日以降に提供が中止となった方で、骨髄等の提供が中止となった日にむつ市に住所を有する方

  1. 他の自治体から助成金に相当する補助金その他これに類するものの交付を受けていない方
  2. 市税等を滞納していない方

ドナー等が勤務する法人

 次の1から4までのすべてに該当する法人を対象とします。対象となる法人が複数ある場合は、ドナー等が指定する1法人とします。

  1. 青森県内に所在する法人
  2. 国、地方公共団体、独立行政法人および地方独立行政法人でない法人
  3. 他の自治体から同一のドナー等に係る助成金に相当する補助金その他これに類するものの交付を受けていない法人
  4. 市町村民税を滞納していない法人

助成内容及び助成金の額

  • 最終同意のための面談
  • 健康診断のための通院(最終同意以降の通院に限ります。)
  • 自己血採血のための通院
  • 骨髄等採取のための入院
  • その他骨髄等の提供に関して、骨髄バンクが必要と認める通院等

ドナー等

 上記の骨髄等の提供に係る面談、通院または入院(以下「通院等」という。)の日数1日につき2万円

 ただし、通院等の日数は、1回の骨髄等の提供等につき通算して7日(14万円)を上限とし、骨髄等の採取術またはこれに関連した医療処置によって生じた健康被害に係る通院等の日数は除くものとします。

ドナー等が勤務する法人

 上記の骨髄等の提供に係る面談、通院または入院(以下「通院等」という。)の日数1日につき1万円

 ただし、通院等の日数は、1回の骨髄等の提供等につき通算して7日(7万円)を上限とし、骨髄等の採取術またはこれに関連した医療処置によって生じた健康被害に係る通院等の日数は除くものとします。

助成金の申請期限

ドナー等

 骨髄等の提供が完了した日または骨髄等の提供が中止となった日から90日以内

 ただし、平成31年4月1日から令和元年6月3日までに骨髄等の提供が完了した方および骨髄等の提供が中止となった方については、8月31日までとします。

ドナー等が勤務する法人

 雇用しているドナー等の骨髄等の提供が完了した日または骨髄等の提供が中止となった日から90日以内

 ただし、平成31年4月1日から令和元年6月3日までに骨髄等の提供が完了した方および骨髄等の提供が中止となった方については、8月31日までとします。

申請方法

ドナー等

 申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて予防・医療課まで提出してください。

 申請書は、予防・医療課の窓口で配布するほか、下記からダウンロードできます。

申請書等
必要書類
  • 骨髄バンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証する書類の写し(骨髄等の提供が中止となった方は不要です。)
  • 骨髄等の提供に係る通院等の日数を証する書類の写し
  • その他市長が必要があると認める書類

ドナー等が勤務する法人

 申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて予防・医療課まで提出してください。

 申請書は、予防・医療課の窓口で配布するほか、下記からダウンロードできます。

申請書等
必要書類
  • 骨髄バンクが発行する雇用しているドナー等の骨髄等の提供が完了したことを証する書類の写し(骨髄等の提供が中止となった方は不要です。)
  • 雇用しているドナー等の骨髄等の提供に係る通院等の日数を証する書類の写し
  • ドナー等が勤務することを確認できる書類
  • その他市長が必要があると認める書類