予防接種法に基づく、高齢者インフルエンザ予防接種を実施します。

 65歳以上の方へは、10月上旬に個別通知します。

 インフルエンザは、例年12月頃から流行が始まります。

 ワクチン接種の予防効果は、接種後2週から5か月程度と考えられていますので、流行前に接種することをお勧めします。

対象者 

むつ市に住所を有し、次に該当する方(年齢は接種日を基準とします。) 

  1. 65歳以上の方。
  2. 60歳から64歳で心臓機能障害・腎臓機能障害・呼吸器機能障害・ヒト免疫不全による免疫機能に障害があり、これらの障害による身体障害者手帳1級をお持ちの方。  

助成回数

  1回

助成期間

 令和元年10月15日(火曜日)から令和2年1月31日(金曜日)まで

接種費用

  • 予診票を使用することで、下記金額で接種を受けることができます。

  自己負担額:1,800円

  • 生活保護受給者・市民税非課税世帯の方・中国残留邦人等支援給付受給者は、事前に申し込みをして助成券の交付を受けると、さらに自己負担額が一部免除され、下記金額で接種を受けることができます。

  自己負担額:800円

  ※助成券の交付を受けていない場合は、自己負担額1,800円となります。

  ※川内庁舎・脇野沢庁舎の窓口では、申し込み受付のみとなり、助成券は後日郵送します。
   助成券の発行はできませんので、御了承ください。

  • 60歳から64歳で対象者に該当する方は、申し込んでいただくと、65歳以上の方と同様の助成を受けることができます。

 

   ※本事業は「特定防衛施設周辺整備調整交付金」を活用しています。

むつ市以外の医療機関で受ける場合

 予防接種を受ける前に、「令和元年度インフルエンザワクチン接種実施依頼申込書」を、予防・医療課へ提出していただく必要があります。

 提出後、接種や請求に必要な書類を送付します。

 詳しくは、予防・医療課までご連絡ください。

 ※事前の申請がない場合は、助成金をお支払いできないこともありますので、ご注意ください。

 ・令和元年度インフルエンザワクチン接種実施依頼申込書 [102KB pdfファイル] 

インフルエンザ予防対策

 予防接種を受けるほかに、日頃から予防に努めましょう。

  • 手洗い、うがいの励行
  • マスクの着用、『咳エチケット』の実践
『咳エチケット』とは

 咳やくしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ、1から2メートル以上はなれる。
鼻水、痰などを含んだティッシュを、すぐ蓋付きのごみ箱に捨てられるよう整える。
熱や咳、くしゃみなどの症状がある人にはマスクの着用を促す。
マスクの着用は、説明書をよく読んで正しくつける。

  • 人ごみを避ける
  • 十分な栄養と休息
  • 室内の換気と加湿