むつ市認知症サポート団体第12号わきのさわ温泉湯好会様、第13号脇野沢福寿クラブ様

 令和元年9月26日、脇野沢地区敬老会会場にてむつ市認知症サポート団体に下記の2つの団体が認定されました。

 認定された団体の皆様を前に、宮下市長から「本日はわきのさわ湯好会と脇野沢福寿クラブの2団体を認知症サポート団体として認定させていただきました。おかげさまで認知症の方を見守る団体数もどんどん伸びております。私たちむつ市としましては高齢者の方を含めてすべての人たちが笑顔で希望をもって暮らせる社会を目指したいと考えておりますのでなお一層のご協力をお願いいたします。」と挨拶がありました。

 湯好会会長の松野裕而様からは「わきのさわ温泉湯好会は会員とともに様々な活動をしていますが、この認定証をうけて更に一層活動に励んでいきたいと考えておりますので、皆様もどんどん脇野沢温泉に入りに来ていただければと思います。」

 福寿クラブ会長の近藤義雄様からは「福寿クラブは小さい組織ですが、みんな明るく楽しく元気でやろうということで頑張っています。2025年には5人に1人が認知症になるといわれていますので、認知症の方々とも楽しく明るくお互いに支えあっていきたいと思います。」とメッセージをいただきました。

むつ市認知症サポート団体第12号 わきのさわ温泉湯好会の皆様

むつ市認知症サポート団体第13号 脇野沢福寿クラブの皆様

 

 認定団体の取り組み

 わきのさわ温泉湯好会の取り組み [613KB pdfファイル] 

 脇野沢福寿クラブの取り組み [503KB pdfファイル]