令和2年度「禁煙週間」テーマ「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

 世界保健機関(WHO)は、毎年5月31日を「世界禁煙デー」に、厚生労働省では毎年5月31日から6月6日までを「禁煙週間」と定め、禁煙や受動喫煙防止についての普及啓発をおこなっています。

 令和2年度における禁煙週間のテーマは、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症と喫煙の関係性も注目されており、喫煙が新型コロナウイルス感染症にかかった際に重症化させるリスクがあると言われています。

「世界禁煙デー」「禁煙週間」をきっかけに、あなたとあなたの大切な人々をたばこの煙から守るために、禁煙や受動喫煙防止に取り組んでみませんか。

 

禁煙や受動喫煙について、下記からご確認いただけます。

健康増進法の改正に伴い受動喫煙防止対策が強化されます

喫煙による健康への影響について

受動喫煙による健康への影響について

禁煙にチャレンジしてみましょう

 

関連情報  厚生労働省の最新たばこ情報(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団)