これまで、65歳以上の方、60歳から64歳で心臓機能障害等により身体障害者手帳1級をお持ちの方、生後6か月から小学6年生のお子さんを対象に接種費用の一部を助成しておりましたが、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、妊婦も対象とし、予防接種費用の全額を助成します。
ワクチン接種の予防効果は、接種後2週から5か月程度と考えられていますので、早めに接種することをお勧めします。

対象者 

むつ市に住所を有し、次に該当する方(年齢は接種日を基準とします。) 

  1. 高齢者
  • 65歳以上の方
  • 60歳から64歳で心臓機能障害・腎臓機能障害・呼吸器機能障害・ヒト免疫不全による免疫機能に障害があり、これらの障害による身体障害者手帳1級をお持ちの方
  1. 小児
  • 生後6か月から小学6年生まで
    ※市内医療機関で接種した場合に限ります。
  1. 妊婦
  • 現在妊娠中の方で、令和3年1月末までに接種を受けられる方
    ※市内医療機関で接種した場合に限ります。

助成回数

1回

 ※小児については、2回分となります。

助成期間

 令和2年10月5日(月曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

受診方法について

高齢者 

該当する方には予診票を送付していますので、送付された予診票を使用し、市内医療機関で予防接種を受けてください。

小児・妊婦 

該当する方へ個別に通知をお送りしますので、助成券を使用し、市内医療機関で予防接種を受けてください。

10月中に予防接種を受けた方について

10月中に予防接種を受けた方については、窓口で自己負担いただいた分を後日返還いたしますので、領収書は捨てないでください。個別に通知をお送りしますので、該当する方はお手続きをお願いいたします。  

むつ市以外の医療機関で受ける高齢者の方へ

 予防接種を受ける前に、「令和2年度インフルエンザワクチン接種実施依頼申込書」を、予防・医療課へ提出していただく必要があります。

 提出後、接種や請求に必要な書類を送付します。

 詳しくは、予防・医療課までご連絡ください。

 ※事前の申請がない場合は、助成金をお支払いできないこともありますので、ご注意ください。

 ・令和2年度インフルエンザワクチン接種実施依頼申込書 [102KB pdfファイル]  

※本事業は「特定防衛施設周辺整備調整交付金」を活用しています。

インフルエンザ予防対策 ※新型コロナウイルス感染症の予防にも有効です

 予防接種を受けるほかに、日頃から予防に努めましょう。

  • 手洗い
  • マスクの着用、『咳エチケット』の実践
『咳エチケット』とは

 咳やくしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ、1から2メートル以上はなれる。
鼻水、痰などを含んだティッシュを、すぐ蓋付きのごみ箱に捨てられるよう整える。
熱や咳、くしゃみなどの症状がある人にはマスクの着用を促す。
マスクの着用は、説明書をよく読んで正しくつける。

  • 人ごみを避ける
  • 十分な栄養と休息
  • 室内の換気と加湿