大規模行為届出制度について

 大規模な建築物の建築などの行為は、街並みや周囲の自然などの景観に大きな影響を与えるため、周辺景観との調和に配慮が必要です。

 このため、青森県景観条例では、一定の規模を超える建築物又は工作物の新築等の行為(大規模行為)について、あらかじめ県知事に届け出なければならないこととしています。

 青森県の美しい景観を実現するために、県民、事業者のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

届出が必要な大規模行為及び対象区域

届出対象区域

青森県景観計画区域(青森市、弘前市、八戸市、黒石市を除く県内全域)。

届出が必要な行為

 一定の面積や高さを超える以下の行為が対象です。

  • 建築物の新築、増築、改築、若しくは移転又は外観の変更をすることとなる修繕、模様替若しくは色彩の変更
  • 工作物の新設、増築、改築、若しくは移転又は外観の変更をすることとなる修繕、模様替若しくは色彩の変更
  • 開発行為
  • 土石の採取又は鉱物の掘採
  • 土地の形質の変更(開発行為、土石の採取及び鉱物の掘採を除く。)
  • 屋外における土石、廃棄物、再生資源その他の物件の堆積
  • 水面の埋め立て又は干拓

規模については以下のとおりです。PDF版 [229KB pdfファイル]

届出の必要な規模

適用除外
  • 通常の管理行為、軽易な行為その他の行為
    • 地下に設ける建築物の建築等又は工作物の建設等
    • 仮設の工作物の建設等
    • 法令又はこれに基づく処分による義務の履行として行う行為
    • 建築物又は工作物の改築で、外観の変更を伴わないもの
    • 存続期間が90日を超えない仮設の建築物の建築等
    • 90日を超えない屋外における物件の堆積
    • 外部から見通すことのできない場所での屋外における物件の堆積
  • 非常災害のために必要な応急措置として行う行為
  • 屋外広告物条例の規定に適合する広告板、広告塔その他これらに類する工作物
  • 国、地方公共団体又は規則で定める公共団体等が行う行為
  • 法令に基づいて、許可、届出、認可等を要する行為で、規則で定めるもの
  • 農業、林業又は漁業を営むために行う土地の形質の変更
  • 専ら地盤面下又は水面下において行う行為

届出の手続き

留意事項
  • 提出期限:行為着手の50日前まで
  • 提出先:むつ市都市計画課みどりと景観グループ 
    • 結果により県から適合通知書等が届出者に送付されます。
  • 部数:2部
  • 提出書類
    • 届出書(第1号様式)申請書のダウンロードはこちらから
      • 関連する複数の行為は、一枚の届出書で届け出できます。場所や面積等、欄内に記載できない箇所は別紙(任意の様式)をご用意ください。
      • 小型風力発電については、工作物の種類は「鉄柱」、築造面積又は表示面積は「風車が旋回し、最大の円を描くエリアの面積」を記載してください。
        また、むつ市風力発電施設等設置に関するガイドラインを順守してください。
  • 各種図面等 PDF版 [82KB pdfファイル]

届出に必要な図面等

参考資料

関係法令等

関係団体

青森県庁 都市計画課