下北域内5市町村及び函館市で、「大間・函館航路地域公共交通総合連携計画」を策定しました。

  大間・函館航路の持続可能な運行形態等の具体的検討を行うとともに、下北地域と函館(北海道)間をフェリーで周遊する観光客を増加させる方策等について、調査、検討を行うため、関係市町村、交通事業者、市民団体、学識経験者等を構成員として設置されました「大間・函館航路活性化協議会」での協議、検討、取りまとめを経て、この度、下北域内5市町村(むつ市、大間町、東通村、風間浦村、佐井村)及び函館市で、「大間・函館航路地域公共交通総合連携計画」を策定しましたので、その計画内容について紹介します。

 ◎大間・函館航路地域公共交通総合連携計画 [495KB pdfファイル]