市では、平成26年5月1日より循環型社会形成のため、衣服のリユース・リサイクルを目的に衣服の回収を行っています。
 回収されたものは、業者を通じてリユース・リサイクルされます。
 不要になりました衣服等がありましたら、ご協力をお願いいたします。

 

回収品目、場所案内【小電・衣類】 [694KB pdfファイル] 

  

回収場所

  • むつ市役所本庁舎開放エリア(ATMコーナー付近)

 

  • むつ市役所各分庁舎(玄関ホール)

各分庁舎には、回収ボックスを用意しましたので、自由に箱を開けて入れてください。

川内庁舎衣類等回収ボックス大畑庁舎衣類等回収ボックス脇野沢庁舎衣類等回収ボックス

  川内庁舎       大畑庁舎        脇野沢庁舎

 

※むつ市役所本庁舎および各分庁舎と古紙リサイクルセンターでは、回収できる衣類に違いがあります。古紙リサイクルセンターを御利用の際は、必ずリンク先で回収品目を確認してください。

 

出し方

  • 衣類は折りたたんで必ず透明または半透明な袋に入れてください。
  • かばん、帽子はそれぞれ分けて別な袋に入れ、口をしばって出してください。
  • 手袋など左右があるものは紐でしばるなどして、バラバラにならないように出してください。

 

回収できるもの

スーツ、シャツ(肌着を除く)、ズボン、ネクタイ、ジャケット、子供服、ジーンズ、フリース、セーター、スカーフ、オーバーコート、手袋、マフラー、革衣類、ドレス、パジャマ、ウインドブレーカー、スエットパンツ、ダウンジャケット、防寒着、甚平、浴衣、着物、帯(反物を除く)、ニットキャップ、スポーツウェア、ショートパンツ、バッグ類、ハンカチ、カーテン、タオル、バスタオル、タオルケット、シーツ、毛布

     古着               鞄・帽子

 

回収できないもの

洗濯していないもの、汚れや臭いがついているもの、濡れているもの、破れているもの、布団、枕、マットレス、クッション、カーペット、作業着、反物、布切れ、下着、靴下、ストッキング、スリッパ、ぬいぐるみ、靴類

 

衣服等の回収量はどれくらいですか?

 これまでに回収した実績は以下のとおりです。
 なお、前年度については月毎の集計、それ以前については年度毎の集計を表示しています。 

 

  • 平成26年度回収量(平成26年5月から平成27年3月) 合計:8,080キログラム
  • 平成27年度回収量(単位:キログラム)  合計:9,350キログラム  
  • 平成28年度回収量(単位:キログラム) 合計:10,580キログラム
4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分 1月分 2月分 3月分

990

980

1,235

925 1,025 950 1,240 855 860 270 580 670

 

  • 平成29年度回収量(単位:キログラム) 合計:5,475キログラム
4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分 1月分 2月分 3月分

1,250

1,240

1,725

1,260

 

回収された衣服はどうなるのか

 回収された衣服等は、国内・海外でリサイクル・リユースされております。
 リサイクル・リユース出来ないものでも、ウエス(機械製品を清掃する為に使用する雑巾)として利用されております。

衣服等リサイクルの流れ