新聞やチラシ・雑誌・ダンボールのように、広くリサイクルされている紙の他にリサイクル可能な「雑紙」があります。
 一口に「雑紙」といっても非常にいろいろな種類があります。その中には、資源としてリサイクルできる紙だけではなく、一見すると紙に見えますが原材料が紙ではないものや、紙を使っていますが用途に合わせて様々な加工しているためリサイクルができないものなどもあります。    
 資源ごみとして収集場所に出しても良い「主な雑紙」について紹介します。  

回収できる主な雑紙

  1. お菓子や食品などの箱
  2. 贈答品の紙箱
  3. 封筒・ダイレクトメール(窓付きは取り除き、切手は貼り付けたままで大丈夫です)
  4. 名刺
  5. 紙袋
  6. ティッシュの箱(ビニールは取り除く)
  7. 包装紙
  8. ラップの箱や芯・トイレットペーパーの芯(ラップの刃は取り除く)
  9. 缶ビールなどの紙パック

    など

回収できないもの

  1. 防水加工された紙(紙コップ、紙皿、紙製のカップ麺容器、紙製のヨーグルト容器、油紙、ロウ紙など)
  2. カーボン紙、ノーカーボン紙(宅配便の複写伝票など)
  3. 圧着はがき(親展はがき)
  4. 感熱紙(ファックス用紙、レシートなど)
  5. 印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙(青焼きコピー紙)
  6. プラスチックフィルムやアルミ箔などを貼り合せた複合素材の紙
  7. 金・銀などの金属が箔押しされた紙
  8. 臭いのついた紙(石鹸の個別包装紙、紙製の洗剤容器、線香の紙箱など)
  9. 昇華転写紙(捺染紙、アイロンプリント紙、主に絵柄など布地に加熱してプリントする際に使われる紙)
  10. 感熱発泡紙(主に点字関係で使用されるもので、熱を加えたところが盛り上がる紙)
  11. 合成紙(PP用紙、プリンター用のフォトペーパー、マット紙、光沢紙など)
    ストーンペーパー(これらは、プラスチックと鉱物でつくられているので、正確には紙でない。)
  12. ラミネート加工紙
  13. 磁気テープが貼り付けられた紙
  14. 水に濡れた紙、油のついた紙、使い終わったティッシュペーパーやタオルペーパー、食品残さでよごれた紙 

雑紙を出すときに注意すること

  • シールが貼られたはがきや封筒は、シールを取り除くこと。
  • プラスチックフィルムのついたティッシュ取り出し口や窓枠封筒は、その部分を取り除くこと。
  • プラスチックフィルムが貼られた雑誌の表紙などは、その部分の表紙などを取り除くこと。
  • 金属やプラスチックが付着したファイル、バインダーは、金属やプラスチックを取り除くこと。
  • 紙や紙箱に貼られた粘着テープは、取り除くこと。
  • その他の紙類は、その他の紙類だけ又は「雑誌(のり製本)」と一緒に束ねて排出する。
  • その他の紙類は、新聞・チラシとは一緒にしない。
  • 回収できない紙類の種類は多いうえに、見た目では分からない事も多いため、判断に迷ったりする場合には「もえるごみ」として出していただいて構いません。

 

雑紙の出し方雑紙の出し方雑紙の出し方

 小さい雑紙は紙袋にまとめて入れて紙紐で縛って出すのが便利です。