路外駐車場とは

 路外駐車場とは、道路面外に設置される自動車のための駐車施設のことをいいます。

 届出が必要な駐車場(届出駐車場)

 以下の全ての条件に該当する路外駐車場は届出が必要になります。

  1. 一般公共の用に供するもの
    →不特定多数の者が営業時間内において、自由に使用できる状態にあるもの。
     月極駐車場や従業員駐車場等のように、利用者が特定できる駐車場は除きます。
  2. 駐車の用に供する部分(駐車マス)の面積が500平方メートル以上のもの
    ※この面積に、車路や緑地等は含みません。
  3. 利用者から駐車料金を徴収するもの
技術的基準に適合する必要がある駐車場

駐車場法第11条により、駐車マスの面積が500平方メートル以上の路外駐車場は、技術的基準に適合する必要があります。

駐車場の届出等について、くわしくはこちらをご覧ください→駐車場法に基づく届出について [89KB pdfファイル] 
駐車場の技術的基準について、くわしくはこちらをご覧ください→駐車場の構造及び設置の基準 [751KB pdfファイル] 

届出様式
  1. 新たに路外駐車場を設置、または届出済の事項に変更が生じたとき→路外駐車場設置(変更)届出書 [95KB docファイル]   
  2. 路外駐車場の管理規程の決定、または管理規程の内容に変更が生じたとき→路外駐車場管理規程(変更)届出書 [27KB docファイル]  
    ※管理規程作成時は、こちらを参考にしてください→駐車場管理規程例 [50KB docファイル]  
  3. 既存の路外駐車場の全部または一部を休止、廃止、再開するとき→路外駐車場休止(廃止・再開)届出書 [27KB docファイル]