むつ市内での景観に関するまちづくりの事例をご紹介します。

おおみなと臨海公園地区

おおみなと臨海公園の景観形成

おおみなと臨海公園では公園から見える自然風景、総合アリーナやPark-PFIの整備よる施設空間のデザイン性、そこで生まれる人の賑わいや活動が交わり溶け込み合いをみせる良好な景観を大切していくこととしています。

 

200701 ひかり輝くアゲハに向けた内容を追記しました。

夜間におけるおおみなと臨海公園の光により「ひかりのアゲハ」がさらに輝き、新たな夜景景観を形成していくことの内容を追加しました

おおみなと臨海公園の景観形成について [1514KB pdfファイル] 

田名部まちなか地区

空き店舗リノベーション

田名部まちなか地区は、都市計画マスタープランにおいて次のとおりの都市景観形成の方針が示されています。

  • 中心商業地は田名部固有の伝統と、田名部神社に調和した魅力ある街並み景観づくりを官民協働で進めます。

この方針に基づき、地区内の空き店舗を、都市再生推進法人「田名部まちづくり株式会社」が景観に配慮しながら、カフェ、物販機能を持った商業施設へとリノベーションを行いました。

改修前

リノベーション後