議会は、年4回定期的に開かれる定例会(毎年3月、6月、9月、12月)と、必要に応じて開かれる臨時会があり、その招集は市長が行います。定例会及び臨時会は、一定の活動期間(会期)が定められ、その期間中に本会議や委員会を開いて議案や請願等の審査などを行います。

本会議

議員全員で構成する会議で、ここで議案などを審議し、議会の最終的意思を決定する最も重要な会議です。本会議は、半数以上の議員の出席がなければ開くことができません。
ここでは、議案について説明があり、それに対して議員は疑問な点を問い(質疑)、意見を述べ(討論)、賛成・反対を明らかにします(採決)。
質疑を経た議案等は内容によっては常任委員会や特別委員会に預けられ(委員会付託)、市の担当職員との詳細な議論を行い、議会として可決すべきかどうかについて審議し(委員会審査)、委員長が審査経過や結果を議会に報告します(委員長報告)。
また、議員は市の一般事務について質問(一般質問)することが認められています。 議会に提出された議案などは、開会から閉会までの期間(会期)に、次のような順序で審議されます。

議会の流れ