本市議会では、平成25年6月26日の「むつ市議会基本条例」制定以来、市民に信頼され、活動力と創造力のある議会を築くため、本条例の実践に向け全議員で取り組んできたところでありますが、条例第18条に規定した本条例の目的に係る達成状況の検証と見直しについて、むつ市広報広聴委員会を中心に協議いたしました。

 検証の結果については、個別事項において今後取り組むべき課題を残しつつも、総体的にはおおむね及第点と判断いたしました。

 なお、検証に係る付記事項として、議員個人の活動をはじめ、議会報告会及び市民との意見交換会の継続的開催、議会だよりのリニューアル及び広報広聴委員による編集範囲の拡充など、今後も広報広聴活動の強化、安定化に努めること。

 委員会における閉会中の所管事務調査や参考人制度等を活用した専門的見識の討議への反映、請願等の提案者からの意見聴取など、議案等の審査をより充実させるための機会の確保に努めること。

 市民の負託に応えるため、今後も議員個人が自己研鑚し、議会及び議員間の議論や課題等の調査研究に努めるなど、議会活動及び議員活動に真摯に取り組んでいく必要があるとの意見を付し、別紙のとおり『「むつ市議会基本条例」第18条に基づく議会基本条例の検証及び見直し』について、公表いたします。

 

 「むつ市議会基本条例」第18条に基づく議会基本条例の検証及び見直しについて(令和元年9月) [345KB pdfファイル]