平成27年3月6日
ジオパークに関する本を寄贈していただきました!

 

ジオパークに関する本を寄贈していただきました  ジオパークに関する本を寄贈していただきました2

 

 このたび、日本ジオパークへの加盟認定を目指して活動中の『下北G.T.O』の代表である小田桐隆夫様から、市民の皆さまにもむつ下北の持つ資源と、活動を知っていただきたいと、ジオパークに関連する本を寄贈していただきました。
 大人向けの本だけではなく、親子で楽しめる絵本まで、いろいろな種類の本がございます。
 本を図書館に出すための登録作業に少し時間を要しますので、今しばらくお待ち下さい。

※ジオパークとは
 ジオパークとは「大地の公園」。
 地域の地質や岩石、地形などに親しみ、学び、楽しむ場所が「ジオパーク」です。
 下北半島には『恐山』や『仏ヶ浦』といった地質学的に珍しい地質資源がたくさんありますが、それだけでは「ジオパーク」とはなりません。「ジオパーク」とは、地質資源を学び、保全し、来訪者や次の世代へ伝えていく活動です。

                 (下北半島ジオパーク構想推進協議会の紹介文より引用)

 今、むつ市では、このような資源を持つ下北半島の『日本ジオパーク』への加盟認定を目指しています。