6月19日

蔵書点検真っただ中!!


6月15日より8日間という長いお休みに入りましてはや5日目、皆様にはご迷惑をおかけしております。

図書館内ではというと‥‥
みなさんに気持ちよく図書館を利用していただけるよう、職員一同休む暇なくせっせと働いております!!

えっっっ本当に仕事しているの?と思われている方のために‥‥
蔵書点検中の館内の様子をお知らせしたいと思います。

まず、蔵書点検は簡単に説明しますとこのような流れで進んでいきます。

図書整理
 毎月第四木曜日に行う作業と同じように本を資料番号順に並べかえていきます。

 蔵書点検(1) 
 

図書館内蔵書の点検

POTというバーコードを読み取る機械(写真左)を使って館内約16万冊の本の表紙に貼ってあるバーコードを一冊ずつ読み込んでいきます。やってもやっても終わらないという気の遠くなる作業ですね‥‥

 蔵書点検(2) 蔵書点検(3)
 

行方不明資料の捜索

全ての本のバーコードを読み取ったあと、登録してある本とPOTで読み込んだ本のデータを照らし合わせ、POTで読み込まれていない本の捜索を行ないます。これがまた気の遠くなる作業なんです‥‥。

 蔵書点検(4)
 

本棚の棚ふき等館内清掃

本をブックトラックという可動式の小さい棚に移し、本棚の拭き掃除をします。また、本そのものを磨いたり館内の清掃も行なっています。

 蔵書点検(5) 蔵書点検(6)
 

期間内返却本の管理

蔵書点検中は休館となっていますが、玄関脇のブックポストにて本の返却が可能となっているため、そこに返された本を別室に運んで管理しています。これは本棚に並んでいる本と混ざらないようにするためです。上記の清掃作業が終わり次第、返却作業を行ってから本棚に戻していきます。

 蔵書点検(7)

この作業を約1週間かけて行なっています。これは図書館を運営していくうえで欠かすことのできない作業となります。

ちなみに‥‥
図書館本館だけでなく分館でも同じような作業を行なっています。(写真は脇野沢分館での様子です)

 脇野沢分館(1) 脇野沢分館(2)
 

このように、蔵書点検中は職員総出で頑張っております!!
皆様に少しでも快適に図書館を利用していただくために、ご理解とご協力をお願いいたします。