6月は「環境月間」です。それにちなんで、今回の児童コーナーの展示は「水」をテーマにした本を選んで展示しています。
ひとことで「水」といっても、海、川、ダム、雨、水道、下水道などなど多岐にわたり、水に関わる問題は「地球温暖化」・「防災」・「水資源」・「生態系」など、日常生活はもちろん社会経済においても、とても重要だと考えられます。このような【水教育】が全国でも広まっているようです。

今回、地球環境の生態系に関わる問題の1つとなっている外来種「ミシシッピアカミミガメのカメ子くん」が図書館の児童コーナーに遊びにきてくれることになりました。
外来種生物による生態系への影響について、そして生きものを飼う責任について、親子で一緒に考えてみませんか?

カメ子くんが遊びに来てくれる日は

  (1)令和元年6月1日(土曜日)
  (2)令和元年6月8日(土曜日)
  (3)令和元年6月15日(土曜日)

各回とも13時40分から、カメ子くんのもぐもぐタイム(エサを食べる様子を観察しよう)もありますので、ぜひ遊びにきてください!