11月の児童コーナーの展示では昔話の絵本を展示しています。
昔話というと、「桃太郎」や「鶴のおんがえし」、「人魚姫」や「3匹のこぶた」など、名前を聞いただけでピンとくるお話がたくさんあるかと思います。
ところが、意外と思い出せないのがその物語の最後。
たとえば、日本の有名な昔話「金太郎」。
この物語が最後どうなったか、あなたは知っていますか?
実はこの「金太郎」、あるテレビ番組の調査では最後までストーリーを知っている日本人は1%しかいないとか。

 

図書館ではたくさんの昔話の絵本を揃えておりますので「意外と知らない物語のオチ」ぜひ確かめにいらしてください。