11月9日(土曜日)、第52回優良読書グループ表彰式が執り行われました。県内各地の図書館等で活動している読書グループや読書に関心のある県民の中から、読み聞かせボランティアグループ「おはなしの木」が読書グループの活動奨励の最も優秀なグループと認められ、読書推進運動協議会会長より、賞状並びに記念品が授与されました。

 「おはなしの木」は、図書館でのおはなし会のほか、市内小学校等、多岐にわたりご活躍されているおはなし読み聞かせボランティアグループです。代表の小川さんは「絵本などお話の世界の楽しみを子どもたちに届けるために私たち自身も、楽しみながら仲間と共に研鑽を重ね少しでも長く続けていけたらと思っています」とおっしゃっていました。